楽天ゴールドカード(マスターカード)のメリット&デメリットとは


楽天ゴールドカードのマスターカードのメリットは?

楽天ゴールドカードはマスターカードVISAJCBの3つの国際ブランドの中から!あなたの好きなブランドを1つ選択して申し込みすることができます。

そこで今回は、楽天ゴールドカードの国際ブランドをマスターカードで作る!場合のメリット&デメリットを詳しくご紹介したいと思います。

楽天ゴールドカードをマスターカードで作るメリット

楽天ゴールドカード(マスターカード)を申し込みする最大のメリットは、国内・国外問わず!楽天ゴールドカード(MasterCard)で支払いができるという点。

マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo.2の国際ブランド。だから海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば、ほぼ楽天ゴールドカード(マスターカード)で支払いできることが多いです。

マスターカードは世界シェアNo.2の国際ブランド

クレジットカードなんだから海外でも使えて当たり前なんじゃないの(・◇・)?

と思うかもしれませんが、違います。実は、選ぶ国際ブランドによって加盟店数…つまりその国際ブランドのクレジットカードを使えるお店の数に天と地の差があります。

例えば日本発の国際ブランドであるJCBは日本国内では、もちろんクレジットカードとして普通に不自由なく使えます。ただし海外、日本人のよく行く観光地以外では、JCBは…そもそもクレジットカード扱いしてもらえなかったりします。

原因はJCBが、国際ブランドの世界シェアで言えば5位…パーセントにすれば、たった2.8%のシェアにすぎないから。

その点、世界シェアNo.2の楽天ゴールドカード(マスターカード)を選択すれば、マスターカードが地球の隅々まで張り巡らせた加盟店ネットワークをフル活用できるから海外旅行にも安心して持っていけます。

楽天ゴールドカード(マスターカード)なら使えます

あなたがすでに世界シェアNo.1のVISAのクレジットカードを持っているのであれば、楽天ゴールドカードの国際ブランドを世界シェアNo.2のマスターカードで入会するのは賢い選択です。

なぜなら手持ちのクレジットカードの国際ブランドを分散させることで、国際ブランドが原因でクレジットカードの利用を断られるリスクを極限まで低くできるのだから。

ちなみに日本国で楽天ゴールドカードを使う場合は正直、マスターカード、VISA、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらないです。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られるくらいです。

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天ゴールドカードの申込&入会でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをクリック▲

楽天ゴールドカードをマスターカードで作るデメリット

ご覧いただいたように楽天ゴールドカード(マスターカード)に長所があれば、当然、短所もあります!

楽天ゴールドカード(マスターカード)の最大の短所は、電子マネーのnanacoチャージができないことです。

nanacoチャージができるのは楽天ゴールドカードの3つの国際ブランド…MasterCard、VISA、JCBの中で唯一、楽天ゴールドカード(JCB)だけ!

nanacoのチャージ&ポイントの可否
国際ブランド チャージ ポイント付与
mastercard × ×
VISA × ×
JCB

楽天ゴールドカード(JCB)だけがnanacoチャージができ、しかも100円チャージするごとに1楽天ポイントもらえる特権がある。
楽天ゴールドカード(JCB)だけnanacoチャージでき楽天ポイントも貯まる

気を付けてほしいのは、nanacoチャージができる!と宣伝している他のクレジットカード会社のほとんどは、nanacoチャージはできても肝心のクレジットカードのポイントは一切もらえない、あるいはnanacoチャージでもらえるポイントは通常の1/2だけ…など激減することが多い。

つまりnanacoチャージでも通常通り1%を楽天ポイントとして還元してくれる楽天ゴールドカード(JCB)は、超貴重でお得なクレジットカードなのだ

でも楽天ゴールドカード(JCB)でnanacoチャージができたとしても私はセブンイレブンのヘビーユーザーじゃないよ。チャージしたnanacoはどうするの(・◇・)?

それは本来はクレジットカード払いできない…例えば市町村の水道料金、国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金税金などが、ご近所のセブンイレブンに行けばnanacoで支払いできちゃうんです!※ただしお住いの都道府県・市町村によって異なる

つまりnanacoで公共料金税金を支払った後には、楽天ゴールドカード(JCB)でnanacoチャージする際にもらえた還元率1パーセント分の楽天ポイントが手元に残る!ということです。

それから注意してほしいのはセブンイレブンで買い物をしてnanacoで支払えば、お買い物100円支払いにつきnanacoポイントが1ポイントもらえます。しかしセブンイレブンで税金等をnanacoで支払ってもnanacoポイントはもらえない、対象外になるということです。

nanacoで支払えばnanacoポイントはつく?
種類 nanacoポイント
お買い物
税金等 つか×ない

しかし!すでにnanacoチャージした際にチャージ金額の1%が楽天ポイントとして還元されている。これがnanacoを使った間接クレジットという裏技です!

ここまで読んで下さったあなたは今、ひょっとすると楽天ゴールドカードを申し込みする際、マスターカードとJCBどちらを選択するか?悩んでしまっているかもしれません。

でも実は、答えはシンプルです。

1年間に何度も海外旅行に行くのであれば、海外に強い楽天ゴールドカード(マスターカード)を申し込みすれば良いです。

もし、そうでないなら市町村の水道料金、国民健康保険料(税)、自動車税など税金や公共料金で支払った金額の1パーセント分が楽天ポイントになって戻ってくる楽天ゴールドカード(JCB)に入会したほうがお得ですね。

税金や公共料金って、必ず定期的に支払わなければならない上に高額になることも多いじゃないですか?もし、その支払金額の1%が楽天ポイントになって、あなたの元に帰ってくるとしたら?

今すぐ楽天ゴールドカード(JCB)という強力なアイテムをゲットして、人生という大冒険をもっと楽しもう!(^o^)/

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天ゴールドカードの申込&入会でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをクリック▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
楽天ゴールドカード→マスターカードのメリット
楽天ゴールドカード(VISA)のメリットは?
楽天ゴールドカード(JCB)のメリットは?

~楽天ゴールドカードの詳細&審査~
1.楽天ゴールドカードの年会費→損益分岐点は?
2.楽天ゴールドカードの審査落ちを防ぐ6つの裏技
3.楽天ゴールドカードのラウンジ→無料の空港は?
4.楽天ゴールドカードの限度額は最高300万円?
5.楽天ゴールドカードのETCカードは年会費無料!
6.楽天ゴールドカード(JCB)のメリット&デメリット
7.楽天ゴールドカードの海外旅行保険とは?完全版

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


このページの先頭へ