プライムゴールドカードの限度額は?裏技で最高200万円超まで増枠可


プライムゴールドカードの限度額は最高何百万円まで上がる?

まず三井住友VISAプライムゴールドカードの限度額には2種類があります。

1つ目は、プライムゴールドカードで買い物するときのショッピング枠の限度額。

2つ目は、プライムゴールドカードでお金を借りるときのキャッシング枠の限度額です。

プライムゴールドカードに入会した時の限度額は下記の範囲となります。

プライムゴールドカード
入会時の限度額
限度額の種類 限度額の範囲 限度額決定権
ショッピング 50~200万円 カード会社
キャッシング 0~50万円 原則あなた

それではショッピング枠、キャッシング枠それぞれの限度額についてわかりやすく説明していきます。

今だけ期間限定キャンペーン中
プライムゴールドカードの入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲詳しくはここをタップ▲

ショッピングの限度額

プライムゴールドカード
入会時の限度額
限度額の種類 限度額の範囲 限度額決定権
ショッピング 50~200万円 カード会社

プライムゴールドカードを買い物で使うときのショッピング枠の利用限度額は、プライムゴールドカード申し込み時に最低50万円~最高200万円の範囲内で、カード会社つまり三井住友カード株式会社が決定してきます。なのでプライムゴールドカードが発行されるの段階ではショッピング枠の限度額の決定に、あなたは関与できません。

ただしプライムゴールドカードに入会7ヶ月以上経過すれば、三井住友カード株式会社にショッピングの限度額の増枠をあなた自身の判断で申請できるようになります。

もちろんプライムゴールドカードのショッピング枠の限度額の増額には審査があります。プライムゴールドカードの限度額の増額を申請しても…もし審査で落ちてしまえば限度額はそのまま!ということもあります。

なおプライムゴールドカードに入会後の取引状況によってはショッピング枠の限度額が増枠され200万円を越える方もいます。

スポンサードリンク

キャッシングの限度額

プライムゴールドカード
入会時の限度額
限度額の種類 限度額の範囲 限度額決定権
キャッシング 0~50万円 原則あなた

プライムゴールドカードでお金を借りるキャッシング枠の利用限度額は、プライムゴールドカード申し込み時に最低0万円~最高50万円の範囲内で原則、自分で決めることができます。ただし例外として、あなたの収入の状況によっては希望した限度額より低くなることもありますし、場合によっては最低0万円つまりキャッシング枠0円となる場合もあります。

プライムゴールドカード申し込みの際のキャッシング枠の利用限度額の選択肢は下記の4つがあります。

▼キャッシング枠の『限度額』の選択肢は4つ!
国内50万円 海外50万円
国内30万円 海外30万円
国内20万円 海外20万円
入会後検討

プライムゴールドカードでお金を借りる予定のない人はキャッシング枠の利用限度額は最低の入会後検討つまりキャッシング枠0円にしてプライムゴールドカードの審査を受けましょう。

さて最後にまとめますとプライムゴールドカード申し込み時のショッピング枠の限度額とキャッシング枠の限度額は下記の範囲で設定されます。

プライムゴールドカード
入会時の限度額
限度額の種類 限度額の範囲 限度額決定権
ショッピング 50~200万円 カード会社
キャッシング 0~50万円 原則あなた
今だけ期間限定キャンペーン中
プライムゴールドカードの入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲詳しくはここをタップ▲


▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~プライムゴールドカードの詳細&審査~
1.プライムゴールドカードのETCカード→有料なの?
2.プライムゴールドカードの限度額は?増枠も可能
3.プライムゴールドカードのキャッシングとは?
4.プライムゴールドカードをVISAで作るメリットは?
5.プライムゴールドカードをマスターカードで作る

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年8月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 ヤフーカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ