イオンゴールドカードセレクト(マスターカード)のメリットとは?


イオンゴールドカードセレクトのマスターカードのメリットは?

イオンゴールドカードセレクトはマスターカードVISAJCBの3つの国際ブランドの中から!あなたの好きなブランドを1つ選択して申し込みすることができます。

そこで今回はイオンゴールドカードセレクトの国際ブランドをマスターカードで作る!場合のメリット&デメリットを詳しくご紹介したいと思います。

まずはイオンカードセレクトに入会~♪
イオンゴールドカードセレクトは招待制入会です!

▲詳しくはここをタップ▲

イオンゴールドカードセレクトをマスターカードで作るメリット

イオンゴールドカードセレクト(マスターカード)を申し込みする最大のメリットは、国内・国外問わず!イオンゴールドカードセレクト(マスターカード)で支払いができるという点です。

しかも!海外でのショッピング手数料がVISAよりもマスターカードのほうが安いことが多いんです!

マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo.2の国際ブランド。だから海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば、ほぼイオンゴールドカードセレクト(マスターカード)で支払いできることが多いです。

マスターカードは世界シェアNo.2の国際ブランド

クレジットカードなんだから海外でも使えて当たり前なんじゃないの(・◇・)?

と思うかもしれませんが、違います。実は、選ぶ国際ブランドによって加盟店数…つまりその国際ブランドのクレジットカードを使えるお店の数に天と地の差があります。

例えば日本発の国際ブランドであるJCBは日本国内では、もちろんクレジットカードとして普通に不自由なく使えます。ただし海外、日本人のよく行く観光地以外では、JCBは…そもそもクレジットカード扱いしてもらえなかったりします。

原因はJCBが、国際ブランドの世界シェアで言えば5位…パーセントにすれば、たった1.2%のシェアにすぎないから。

その点、世界シェアNo.2のイオンゴールドカードセレクト(マスターカード)を選択すれば、マスターカードが地球の隅々まで張り巡らせた加盟店ネットワークをフル活用できるから海外旅行にも安心して持っていけます。

イオンゴールドカードセレクト(マスターカード)なら使えます
さらにイオンゴールドカードセレクト(マスターカード)の隠れた長所は、海外でショッピングした際の換算レートがVISAより安いことが多いんです!

換算レートは、カード会社の決める海外ショッピングの海外事務手数料と、国際ブランドが決める基準レートの掛け算で決まります。式は以下の通りです。

換算レート=(1+カード会社の海外事務手数料)×国際ブランドの基準レート

まずはイオンゴールドカードセレクトを発行する株式会社イオン銀行が決めた海外事務手数料でマスターカードとVISAを比較してみましょう。※1

イオンゴールドカードセレクト
海外ショッピング外貨利用手数料
マスターカード VISA
手数料% 1.60% 1.60%

マスターカードもVISAも同じ1.60%ですので海外事務手数料では優劣はありません

では次に国際ブランドごとに決まる基準レートを見てみましょう。※2

基準レートは毎日変動しますし通貨によっても違うんです。ですので代表例として基軸通貨であるアメリカのドルと円、世界通貨のユーロと円、2018年1月1日時点で比較してみます。

2018年1月1日時点
国際ブランドの基準レート
マスターカード VISA
ドル$ 112円90銭 112円97銭
ユーロE 135円36銭 135円50銭

今度はマスターカードとVISAで差が出ました。ご覧のようにドルもユーロもマスターカードの基準レートのほうが安いんです!

でも基準レートは確かにVISAよりマスターカードのほうが安いけど…たった数十銭しか違わないよ(・◇・)?

そうです。でも、海外旅行に行った時を思い出してみて下さい。海外旅行って移動するにしろ、食事するにしろ、買い物するにしろ何かにつけてお金が出ていきますよね。

そして日本に帰ってきてクレジットカード会社からの明細を見たら、思っていた以上に高額になった経験…今までありませんでしたか?

この基準レートのたった数十銭の違いが…長い目で見ると大きな差になります。

つまり海外でのショッピングで一番お得に買い物できるのは多くの場合VISA…ではなく、実はイオンゴールドカードセレクト(マスターカード)なんです!

ちなみに日本国でイオンゴールドカードセレクトを使う場合は正直、マスターカード、VISA、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらないです。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られるくらいです。

イオンゴールドカードセレクトをマスターカードで作るデメリット

イオンゴールドカードセレクト(マスターカード)の唯一のデメリットはディズニーデザインが選べないことです。

イオンゴールドカードセレクトのディズニーにマスターカードはない

イオンゴールドカードセレクトのディズニーの国際ブランドはJCBだけしか選べません。

ディズニーが選べるブランドは?
JCB マスターカード VISA
× ×

なぜならJCBは、東京ディズニーランド&東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサー!だからこそJCBのみでディズニー・デザインのイオンゴールドカードセレクトが発行できるんですね。

ですから結論はシンプル。ディズニー・デザインがほしいならJCBがおすすめしますが…。

あなたが海外にも国内にも強いイオンゴールドカードセレクト(マスターカード)の申し込みを検討しているなら、それが正解です!

イオンゴールドカードセレクト(マスターカード)という強力なアイテムをゲットして、人生という大冒険をもっと楽しもう!(^o^)/

まずはイオンカードセレクトに入会~♪
イオンゴールドカードセレクトは招待制入会です!

▲詳しくはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~イオンゴールドカードセレクトの詳細&審査~
1.イオンゴールドカードセレクトのマスターカード!
5.イオンゴールドカードセレクトのディズニーとは

イオンショップ

※1http://www.aeon.co.jp/creditcard/service/shopping/world.html
※2https://usa.visa.com/support/consumer/travel-support/exchange-rate-calculator.html
※2https://www.mastercard.us/en-us/consumers/get-support/convert-currency.html

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2018年11月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノカード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 Yahoo! JAPANカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ