ライフカードの審査落ちを防ぐ4つの裏技とは?最新情報も


ライフカードの審査のコツ4つの裏技とは?

審査が簡単だと言われているライフカード。しかし、だからこそ審査落ちしたくないですよね?

そこで今回はライフカードの入会審査でミスしやすい4箇所の入力項目を初心者にも分かりやすいよう優しく解説します!

まずは今ちょうどライフカードの入会キャンペーンをやっているので、ポイントを大量にもらうためにキャンペーンページから申し込みしましょう!

今だけ期間限定キャンペーン中
ライフカードの入会&利用で最大12000円相当のポイントプレゼント!


▲お申し込みはここをクリック▲




なお運転免許証をお持ちの人は、すぐ入力することになるので今すぐ手元に準備しましょう。

あなたは基本的に、画面の案内にしたがって…自分の名前や住所などを入力していけば大丈夫です。そして、あなたが入力した情報を元にしてライフカード株式会社が入会審査を実施します。そして審査基準を満たせば入会でき、審査基準を満たせないと審査に落ちてしまいます。

もちろんライフカードは、ゴールドカードなどと違ってクレジットカードの審査難易度でいえば易しい部類に入ります。

例えばライフカードは会社員(正社員)や自営業の方だけでなく、非正規雇用のパートやアルバイトや派遣社員はもちろん専業主婦や家事手伝い、年金の受給生活者や家賃収入で生活している方、大学生、専門学校生のかたも18歳以上であれば申し込みできます。

しかし!だからこそ油断してライフカードの審査で落ちると…。友人達から冷たい目で見られたり…まあ、そもそも落ちたって言わなきゃいいんだけどね。でも、そういう落ち込んでる時って誰かに話したくなっちゃうんだよね(^。^;)

つまりライフカードの審査が簡単なほうに数えられるからこそ、審査で落ちないために全力を尽くす必要があるわけです。

そこでライフカードの審査を突破するため『ライフカードの審査で今すぐ使える4つの裏技』を今回は特別に公開します。

もし、あなたがライフカードの審査が不安なら…この記事を熟読して忘れないうちにライフカードを申し込みして下さいね!

審査でのスコアリングの秘訣とは?

今回ご紹介する『ライフカードの審査で今すぐ使える4つの裏技』の具体的な中身は、クレジットカード申し込みの際に必ずおこなわれている…スコアリングの点数を間違って低くしないための対策です。

【0】まずスコアリングを知る

スコアリングとは、簡単に言ってしまえばライフカードの入会テストです。つまりあなたの年収や勤続年数、居住年数をテストの様に点数化して、カード会社は審査の合格、不合格を決めているのです。例えば年収300万円は3点、年収400万円は5点などのように。

かといって、よし!年収は高いほうがいいんだな!じゃあ1000万円ということにしておこう!などといってウソを書いたりはできません。最悪の場合、詐欺で逮捕されます。

つまり自分の年収や勤続年数などをできる限り正確に書きつつ、いかにスコアリングの点数を高くするか?それが審査を突破するために重要になってくるわけです。

まず、これを知って下さい。

続いて今すぐライフカードを申し込みしたい人のために『ライフカードの審査で今すぐ使える4つの裏技』の残りの裏技4つを一言でまとめたダイジェスト版をご紹介します。
【1】入力ミスに注意する!特に住所
【2】自宅に固定電話引いてるなら必ず書く!
【3】年収は税込年収を書く!
【4】キャッシング枠は無しにする

それではライフカードの審査落ちを防ぐ!4つの裏技を1つ1つ詳しく見ていくことにしましょう。

目次一覧

▼ライフカードの審査で今すぐ使える裏技4つ
1.住所
2.電話番号
3.税込年収
4.キャッシング

【1】住所

あなたが今ボールペンを手にとり、手書きで自分の名前や住所を紙に書くとしたら…書き間違うことは、ほとんどないかもしれません。

しかし!あなたの今までの人生を振り返ってみて、こういう経験はありませんでしたか?

TwitterやFacebook、Gメールなど、インターネットの無料サービスにログインしようとした際、手入力でノートパソコンのキーボードやスマホのタッチパネルを操作するとします。何気なく入力したらIDやパスワードの文字を打ち間違ってログインできなかった経験。

つまりパソコンやスマホでの入力は、実はけっこうケアレスミスうっかりミスを起こしやすい環境なんです。この入力ミスをライフカードの審査の際にやらかしてしまうと…最悪の場合、審査落ちしてしまうわけです。

突然ですが、あなたの学生時代の試験を思い出して下さい。テストの回答用紙を2、3回は読み返しませんでしたか?特に重要な試験、例えば高校や大学の入学試験は時間の許す限り見直ししたのではないでしょうか?

ライフカードの入会審査…でなくライフカードの入学試験だと思って下さい。そして2度読み返して下さいこれで単純ミスが原因での審査落ちに、さよならできます!

それから特に入力ミスが多いのが住所ですので詳しく解説します。

住所は、運転免許証などの身分証明書をよ~く確認しながら入力なさって下さい。

ライフカードの住所入力欄は、あなたの郵便番号を入力して郵便番号から住所を検索ボタンを押せば住所を途中まで自動的に入力してくれます!楽チンです~♪
ライフカードの審査の時の住所欄は郵便番号で途中まで自動入力可能

しかし!だからこそ、もう入力済みなのに住所の一部を二度入力するミス…例えば住所の町名、丁目、番地がすでに自動入力されているのにもう一度入力してしまったり(^。^;)

すでに入力済みだと勘違いして住所の一部が欠けているミス…例えばアパート名やマンション名の後に何号室なのか?書き忘れたり(^。^;)

つまり郵便番号から自動入力された内容を一度よ~く確認すれば、その後ろに続く住所の入力ミスは防げるわけです。

以上、読んでいただいてわかる通りライフカードの住所入力欄は、ミスが発生しやすい場所です。よく確認しながら慎重に入力していきましょう。

▼ライフカードの審査で今すぐ使える裏技4つ
1.住所
2.電話番号
3.税込年収
4.キャッシング

【2】電話番号

ライフカードの電話番号入力欄は、まず固定電話の有無をどちらか1つを選択するラジオボタンがあります。下記の画像を見ていただくと分かる通り最初から固定電話有りが選択されています。
ライフカードの審査時の電話番号入力欄

固定電話を自宅に設置している人は、固定電話有りをそのまま選択したまま、その真下にあるご自宅電話番号の入力欄に自宅の電話番号を入力しましょう。

さらに下にある携帯電話番号は、任意…つまり「書いても書かなくても良いよ」という意味ですが、ライフカードの審査が不安な人はスマホや携帯電話の電話番号も入力しましょう。スマホや携帯電話の電話番号も入力した方が審査の点数が高くなるはずだからです。

なお今のご時世、自宅にNTTの固定電話を引いていない、スマホだけしか持っていない人も多いと思います。その場合には最初の固定電話の有無のラジオボタンで固定電話無しをクリックします。
ライフカードの審査時のスマホの電話番号入力欄
すると上の画像のように携帯電話番号の入力欄が出現しますので、ここにスマートフォンや携帯電話の電話番号を入力しましょう。

当たり前ですが電話番号は数字を1つでも間違えれば自分に電話は?かかってきません。電話番号も入力した後にもう一度見直ししましょう!

▼ライフカードの審査で今すぐ使える裏技4つ
1.住所
2.電話番号
3.税込年収
4.キャッシング

【3】税込年収

ライフカードの入会審査の項目の1つに年収という入力項目があります。

ライフカードの審査の年収入力欄
ここで言う年収とは、あなたの税込年収のことです。手取りではありません。税込年収とは、税金や社会保険料が引かれる前の年収です。

税込年収=手取り額+税金+社会保険料

ここで言う税金とは例えば、所得税や住民税など。社会保険料で代表的な物をあげると健康保険料、国保税、年金保険料、介護保険料、雇用保険料などです。
税金 社会保険料
所得税 道府県民税 市町村民税 都民税 特別区民税 健康保険料 国民健康保険税 厚生年金保険料 国民年金保険料 共済年金保険料 介護保険料

これらの税金や社会保険料が引かれる前の年収を書くことになります。

もし源泉徴収票が手元にあれば一目でわかります。源泉徴収票の左側にある種別(給与・賞与)の右隣にある支払金額が税込年収となります。
源泉徴収票と税込年収

間違って手取りを書く人…昔から非常に多いんです。ライフカードの審査に落ちた方に話を聞いても、税込年収を書くべきところを間違って手取り書いちゃた人がけっこういます。特にパートやアルバイト、年金の受給生活者のかたなどに多いです。

年収が少ない人ほど間違って手取りを書かないよう気を付けて下さいね。審査落ちへ真っ逆さまになっていまうので。

なお専業主婦や大学生のかたなどあなたの収入がまったくない場合には入力欄に0を入力し0万円にすれば大丈夫です。

年収は、税込年収(税金や社会保険が引かれる前の金額)を書きましょう!

▼ライフカードの審査で今すぐ使える裏技4つ
1.住所
2.電話番号
3.税込年収
4.キャッシング

【4】キャッシング

キャッシングとは、無担保…されど高金利でライフカード会社からお金を借りることをいいます。

お金を借りる予定のない人はキャッシングご利用希望額のセレクトボックス…初期状態は50万円ですがクリックして一番下にあるその他に変更します。
ライフカードの審査の際のキャッシング枠

▼下記に練習用のセレクトボックスを準備しましたのでクリックして一番下にあるその他に変更してみて下さい。

実際のライフカードの入会審査では、その他を選択すると下記の画像のようにキャッシング希望額の入力欄が出現しますので半角数字の0を入力します。
その他を選択するとキャッシング枠を0万円にすることができる!

キャッシングご利用希望額を0万円にするということは、お金は借りない…という意思表示になりますし、当然キャッシングに関係する審査は省略されることになり、ライフカードの審査全体の簡素化につながります。

同時にそれは、私はお金に困っているわけではない…ライフカードをショッピングの際に利用して、ライフカードのサンクスポイントを貯める目的でライフカードを申込するんだよ、という目的が明確になります。

以上で『ライフカードの審査で今すぐ使える4つの裏技』を完読です!おめでとうございます!記憶が曖昧になる前に、今すぐ下記のライフカードの入会キャンペーンバナーからライフカードの審査を申し込みしましょう!もう一度復習すると…
【1】入力ミスに注意する!特に住所
【2】自宅に固定電話引いてるなら必ず書く!
【3】年収は税込年収を書く!
【4】キャッシング枠は無しにする
私は、あなたのライフカードの審査が無事通過すること、そしてライフカードを手に入れることによって、あなたの大切な人生の一日一日が今以上に充実したものになることを、ここに心よりお祈りしてこの記事を結びたいと思います。

それから今ちょうどライフカードの入会キャンペーンをやっていて、下記のページから申込すればサンクスポイントが大量にもらえます!

今だけ期間限定キャンペーン中
ライフカードの入会&利用で最大12000円相当のポイントプレゼント!


▲お申し込みはここをクリック▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~ライフカードの詳細&審査~
1.ライフカードのETCカードは年会費無料!だが…
2.ライフカードの審査落ちを防ぐ4つの裏技とは?

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2017年11月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 ライフカード 三井住友ゴールドカード

このページの先頭へ