セブンカード・プラスの年会費が無料化→例外的に有料のケースも?


セブンカード・プラスの年会費無料化したけど例外的に有料のケース

セブンカード・プラスは、入会初年度は年会費が無料です!

じゃあ2年目以降はセブンカード・プラスは年会費有料になるんだね(°□°;)?

確かにセブンカード・プラスは2020年1月10日までは入会2年目以降は原則、年会費は有料…500円(税込)の年会費が必要でした!

でも安心して下さい。

2019年7月1日以降にセブンカード・プラスに新規入会される方は、セブンカード・プラスの年会費ずーっと無料です!※1

今だけ期間限定キャンペーン中
セブンカード・プラスに入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲詳しくはここをタップ▲

なお、すでにセブンカード・プラスに入会済みの皆さんも2020年1月10日以降は年会費無料となりますので安心して下さい。

年会費無料化前の2020年1月9日までにセブンカード・プラスの年会費の請求が来てしまう皆さんも、簡単にセブンカード・プラスの年会費を無料にできる方法が2つありましたよね?

ちょっと復習してみましょう。

【1】毎年5万円以上ショッピングする

セブンカード・プラスの年会費を無料にする1つ目の方法は、毎年セブンカード・プラスで5万円以上ショッピングする方法です。

実はセブンカード・プラスは、前年度に合計5万円以上買い物すれば翌年度の年会費は無料になるんです!

もちろん前年度にセブンカード・プラスで合計4万9999円以下しかショッピングを利用していないと通常通りセブンカード・プラスの年会費500円(税込)が必要になってしまうんですが…。

でもセブンカード・プラスを年会費無料にするハードルはそんなに高くありません。無料にするために必要な5万円を12ヶ月で割れば1ヶ月あたり4,166円です。

50,000円÷12ヶ月=1ヶ月あたり4,166円

個人差がありますが毎月4,166円以上支払う公共料金1つ…例えば電気料金やスマホ代金だけをセブンカード・プラスで支払うようにしておけばセブンカード・プラスの年会費を毎年無料にすることができるわけです。

でも毎年、前年度にセブンカード・プラスを5万円以上利用したか…気にするの何かイヤ。セブンカード・プラスの年会費をずーっと無料にする方法はないの(・◇・)?

実は、セブンカード・プラスの年会費をずーっと無料にする方法があります!その方法とは…

【2】セブンカード・プラスゴールドは年会費無料

セブンカード・プラスゴールド

実はセブンカード・プラスをセブンカード・プラスゴールドに切り替えれば年会費はずっと無料なんです、ゴールドカードなのに。

これがセブンカード・プラスの年会費を無料にする2つ目の方法です。ただ2つ目の方法は残念ながらハードルがけっこう高いんです(^。^;)

まずセブンカード・プラスゴールドは年会費無料ですが、一般募集はおこなっていません。

インビテーション(招待状)が届かないとセブンカード・プラスゴールドは申し込みさえできないんです。

そしてセブンカード・プラスゴールドのインビテーション(招待状)が届く条件については当然、非公開です。

といってもセブンカード・プラスの前身のカードで…現在は新規募集を終了したセブンカード時代のインビテーション(招待状)条件が目安というか1つの参考には、なります。その条件とは?

セブンカードを…
年間100万円以上利用
or
年間60万円以上セブン&アイ系列の店舗で利用

するとゴールドカードの招待条件を満たし、セブンカードゴールドのインビテーションが届いていたんです。

それから注意してほしいのはセブンカード・プラスゴールドのインビテーション(招待状)は、不定期一括発送で募集がおこなわれます。

不定期…ですから1年間に何回もセブンカード・プラスゴールドのインビテーションが発送される年もありますし、1年間まったくインビテーションの発送がない年もあります。

一括発送…ですから、もし、あなたがセブンカード・プラスゴールドのインビテーションの条件を満たしていたとしても、すぐにインビテーションは届きません。

インビテーションの条件を満たしたセブンカード・プラス会員が一定数以上になり、さらに株式会社セブンカードサービスがセブンカード・プラスゴールドの新規入会者の追加募集を決定して初めてインビテーションの発送がおこなわれます。

それでセブンカード・プラスゴールドが『幻のゴールドカード』と呼ばれるわけですが(^。^;)

それからセブンカード・プラスのディズニーデザイン→後悔する3つの注意点は?に詳しく書きましたが、セブンカード・プラスで新登場したディズニーデザインでセブンカード・プラスゴールドの招待条件を満たした場合にどうなるのか?今の段階では、まだ…はっきりしません。

ですから将来セブンカード・プラスゴールドへの切り替えも視野に入れてセブンカード・プラスを申し込みするならディズニーデザインでなく、セブンカード・プラスの一般デザインをおすすめします。

今だけ期間限定キャンペーン中
セブンカード・プラスに入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲詳しくはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~セブンカード・プラスの詳細&審査~
1.セブンカードプラスでnanacoチャージ還元率0.5%
2.セブンカードプラスのディズニー3つの注意点は?
3.セブンカードプラスのETCカードは発行手数料無料
4.セブンカードプラスの年会費→無料にする方法
5.セブンカードプラスの限度額は?最高150万円まで
6.セブンカードプラスのキャッシングとは?
7.セブンカードプラスをJCBで作るメリットは?
8.セブンカードプラスをVISAで作るメリットは?
9.セブンカードプラスのキャンペーン→TOP3は?
0.セブンカードプラスのポイント→最大1%還元

※1https://www.7card.co.jp/feature/fee.html

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



2件のコメントがあります

  1. ベアトリーチェ より:

    去年セブンカードプラスに変更しました。
    でも今年、セブンカードと切り替えてもう存在しないカードの年会費の請求が来ました。
    こんなことあるのですか?

  2. クレジットカードマニア・ジャパン より:

    ベアトリーチェ様

    ご質問をいただき、ありがとうございます!管理人のクレジットカードマニア・ジャパンと申します。

    ご質問を読ませていただきますと年会費が請求された可能性として2つ考えられます。

    1つ目の可能性は、セブンカードの契約がそのまま残ってしまっている場合です。

    念のため年会費の請求のあった明細書に記載されている16ケタのクレジットカード番号をご確認いただきたいのですが、その番号はお手元にあるセブンカード・プラスのカード番号と同じですか?それともセブンカードの番号でしょうか?

    セブンカードの番号だった場合

    もしセブンカードの番号だった場合、セブンカード・プラスへの変更(切り替え)手続きではなく、セブンカード・プラスを追加で新規入会したとして2枚のクレジットカードの契約が存続してしまっている可能性があります。

    セブンカードを使っていないのであれば、セブンカードをお手元に準備の上、セブンカードサービスに電話して事情を説明します。

    ▼セブンカードサービス電話番号
    東京TEL0422-41-7110
    大阪TEL06-6949-0763
    札幌TEL011-222-5465
    オペレータの受付時間は9:00~20:00

    そして『メニュー番号の案内』が始まりましたらを押します。

    そしてコールセンターのオペレーターさんに「セブンカードからセブンカード・プラスへの切り替え手続きをしたつもりだったのにセブンカードの契約が残ってしまっているのでセブンカードのみを解約したい」と相談しましょう。

    セブンカード・プラスの番号だった場合

    2つ目の可能性は、セブンカード・プラスへの切り替え手続きはうまくいっていたけれど、前年度(セブンカード時代+セブンカード・プラス時代)のショッピングの合計利用金額が5万円未満だった可能性です。

    セブンカード・プラスの年会費無料化は、あくまで2020年1月10日(金)お支払い分の年会費より無料化されますので、それまでは前年度のショッピングの合計利用金額が5万円以上ないと年会費が請求されることになります。※1

    2020年1月10日よりセブンカード・プラスの年会費が無料に(2019年7月1日に発表)

    ※1https://www.7card.co.jp/info/20190701_02.html

あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年9月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 ヤフーカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ