d払いにマスターカードを登録する時の注意点とは?


d払いに登録できるクレジットカードはマスターカードもOK

d払いに登録できるクレジットカードはマスターカードVISAJCBアメックスの4国際ブランドのクレジットカードだけです。

d払いに登録できるクレジットカードは?
6大国際ブランド
VISA マスターカード JCB
アメックス ダイナース 銀聯
× ×

ただし注意点を1つ。d払いにクレジットカードを登録する場合には本人認証サービス(別名3Dセキュア)が設定されたクレジットカードでないと登録できません。

スポンサードリンク

本人認証サービス(別名3Dセキュア)って何。食べれるの(・◇・)?

本人認証サービス(別名3Dセキュア)とは、数字4ケタで構成されるクレジットカードの暗証番号とは別に、数字やアルファベットなどで構成されるパスワードを事前にクレジットカード会社に追加登録しておき、インターネットで買い物したりd払いなどのアプリに初めてクレジットカードを登録する際に、そのパスワードも追加入力することで本人確認をするサービスです。

なおクレジットカード会社の中には本人認証サービスをまだ導入していないカード会社もあります(^。^;)

この本人認証サービス(別名3Dセキュア)が設定されたクレジットカードでないと例えマスターカードであってもd払いに登録できませんので注意して下さいね。

マスターカードのクレジットカードのメリット

マスターカードのクレジットカードの最大のメリットは、国内・国外問わず!マスターカードで支払いができるという点。

しかも!海外でのショッピング手数料がVISAよりもマスターカードのほうが安いことが多いんです!

マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo.2の国際ブランド。だから海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば、ほマスターカードのクレジットカードで支払いできることが多いです。

マスターカードは世界シェアNo.2の国際ブランド

クレジットカードなんだから海外でも使えて当たり前なんじゃないの(・◇・)?

と思うかもしれませんが、違います。実は、選ぶ国際ブランドによって加盟店数…つまりその国際ブランドのクレジットカードを使えるお店の数に天と地の差があります。

例えば日本発の国際ブランドであるJCBは日本国内では、もちろんクレジットカードとして普通に不自由なく使えます。ただし海外、日本人のよく行く観光地以外では、JCBは…そもそもクレジットカード扱いしてもらえなかったりします。

原因はJCBが、国際ブランドの世界シェアで言えば5位…パーセントにすれば、たった1.2%のシェアにすぎないから。

その点、世界シェアNo.2のマスターカードのクレジットカードなら、マスターカードが地球の隅々まで張り巡らせた加盟店ネットワークをフル活用できるから海外旅行にも安心して持っていけます。

マスターカードのクレジットカードなら使えます

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~d払い入門&まとめ~
1.d払いはアメックスのクレジットカードが使える!
2.d払いにマスターカードを登録する時の注意点は?
3.d払いにVISAを登録する時の注意点とは?
4.d払いにJCBを登録する時の注意点とは?

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年8月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 ヤフーカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ