7payにVISAを登録する時の注意点とは?メリット&デメリット


7payにチャージできるクレジットカードはVISAも一部カード会社発行ならOK

7payにチャージできるクレジットカードはJCB、そして一部クレジットカード会社の発行するVISAマスターカードの国際ブランドのクレジットカードのみとなります。

7payにチャージできるクレジットカードは?
6大国際ブランド
JCB マスターカード VISA
アメックス ダイナース 銀聯
× × ×

一部クレジットカード会社とはセブンカードサービス、三菱UFJニコス、三井住友カード、セゾンカードの4社です。ただ…。

7payにチャージできるクレジットカードでも…実は、ほぼすべてのクレジットカード会社が7payチャージをポイント付与の対象外としていますので注意が必要です。

7payチャージでもポイントがもらえると公言しているのは、年会費無料クレジットカードのセブンカード・プラスくらいですね。

セブンカード・プラスの7payのチャージでの還元率は0.5%です!
セブンカード・プラスならVISAもJCBも7payチャージでき還元率も0.5パーセントとなる
還元率0.5%とは、例えばセブンカード・プラスで10,000円を7payチャージすれば50nanacoポイントもらえます!

今だけ期間限定キャンペーン中
セブンカード・プラスに入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲詳しくはここをタップ▲

さらに7payもセブンカード・プラスも同じセブン&アイグループのサービスです。

ですから今後、例えば他のクレジットカードすべてが7payチャージをポイント対象外にしてもセブンカード・プラスだけは7payチャージできるクレジットカードとして残るんじゃないか?と考えることもできます。

セブンカードでの7payチャージについてはセブンカードと7payをご覧下さい。

7payにチャージできるクレジットカードは?
6大国際ブランド
JCB マスターカード VISA
アメックス ダイナース 銀聯
× × ×

7payにクレジットカードを登録する場合には、もう1つ注意点があります。実は本人認証サービス(別名3Dセキュア)が設定されたクレジットカードでないと登録できないんです。

本人認証サービス(別名3Dセキュア)って何。食べれるの(・◇・)?

本人認証サービス(別名3Dセキュア)とは、数字4ケタで構成されるクレジットカードの暗証番号とは別に、数字やアルファベットなどで構成されるパスワードを事前にクレジットカード会社に追加登録しておき、インターネットで買い物したり7payなどのアプリに初めてクレジットカードを登録する際に、そのパスワードも追加入力することで本人確認をするサービスです。

なおクレジットカード会社の中には本人認証サービスをまだ導入していないカード会社もあります(^。^;)

この本人認証サービス(別名3Dセキュア)が設定されたクレジットカードでないと例えVISAであっても7payに登録できませんので注意して下さいね。

スポンサードリンク

VISAのクレジットカードのメリット

VISAのクレジットカードの最大のメリットは、クレジットカードが使えるお店であれば国内・海外問わずクレジットカード(VISA)で支払いができるという点です。

クレジットカードの国際ブランドとしてのVISAは、不動の世界シェアNo.1です。VISAは自らを『世界通貨』と豪語しているが、実際その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくクレジットカード(VISA)なら使えます。
VISAカードは『世界通貨』と呼ばれる

これが同じクレジットカードでも、もし国際ブランドがJCBだった場合、話は全然違ってきます。JCBは日本発の国際ブランド。だから逆を言えば日本国外、つまり海外に弱い。なので海外でクレジットカード(JCB)で支払いしようとしても「そのクレジットカードはご利用できません」と断られる場面に出くわすということになります。

もちろん日本人のよく行く海外の観光地…ハワイ、グアム、台湾などではクレジットカード(JCB)でも問題なく利用できることが多いです。むしろ手厚いサービスを提供していたりもします。

ただ日本人のよく行く海外の観光地から一歩外れると、とたんにクレジットカード(JCB)は使えなくなってしまうことが多いんです。

クレジットカードをVISAで申し込みすれば、そんな心配はいらない。クレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくクレジットカード(VISA)が使えるから。
クレジットカード(VISA)ならご利用できます!

なお日本国でクレジットカードを使う場合は正直VISA、マスターカード、アメックス、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらない。たまにアメックスなら100件に4~5件くらい、JCBなら100件に1~2件くらい「当店では、そのクレジットカードは使えません」と断られるくらいだろう。

もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくクレジットカード(VISA)が使える。日本国内でもVISAがシェアNo.1なのだから。

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~7pay入門&まとめ~
1.7payにJCBを登録する時の注意点とは?メリット
2.7payにマスターカードを登録する時の注意点は?
3.7payにVISAを登録する時の注意点とは?メリット

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年8月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 ヤフーカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ