イオンカードのキャッシングとは?メリット&デメリットまとめ


イオンカードのキャッシングのメリット&デメリットは?

イオンカードのキャッシングとは?

イオンカード(WAON一体型)は、無担保!しかし高金利で株式会社イオン銀行からお金を借りること…いわゆるキャッシングも可能です。

もちろんイオンカードで、お買い物の支払いができるショッピングもできます。

イオンカードでお金を借りるキャッシング枠の利用限度額は、イオンカード申し込み時に最低0万円~最高50万円の範囲内で株式会社イオン銀行が決定してきます。

イオンカード入会時の限度額
限度額の種類 限度額の範囲 限度額決定権
キャッシング 0~50万円 カード会社
ショッピング 10~100万円 カード会社

なおイオンカードに入会であれば、イオンカードのインターネット窓口であるイオンスクエアのマイページの画面の『ご利用可能枠変更申請』をタップすることでキャッシング枠の増額や減額をあなた自身の判断で申請できるようになります。
イオンカードのキャッシング枠の増額や減額の申請画面
ちなみにイオンカードに入会後であればキャッシングの限度額は最高90万円まで上げることができます。

もちろんキャッシング枠の増枠を申請しても審査がありますので、あなたの希望した限度額にならない場合もあります。

それに対してキャッシング枠の減額には審査がありませんので、あなたの希望した限度額まで自分の意思で減らすことができます。

イオンカードでお金を借りる予定のない人はキャッシング枠の利用限度額を最低の0円に減額申請しても大丈夫です。

なぜならキャッシングは、クレジットカードに自動付帯している盗難保険の対象外だからです。

盗難によるクレジットカードの不正利用で、キャッシングされたとしても…利息も含めて全額返済しなければなりません。

ですからイオンカードのキャッシング枠をあえて0円に変更するのは賢い方法です。

今だけ期間限定キャンペーン中
イオンカードに入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをタップ▲

海外でのキャッシングは意外と便利

イオンカードのキャッシング枠をあえて10万円だけ残す人もいます。特に海外旅行に頻繁に行く人に多いです。

どうしてイオンカードのキャッシング枠を10万円にしているのでしょうか?

それは海外旅行に行った際、もちろん都市部はクレジットカード…イオンカードで支払いできる場合もあります。

しかし海外旅行で地方へ向かうと、そもそもクレジットカードが使えない、現地通貨しか使用できないという場面に出くわすことも少なくありません。
東南アジアの地方都市の市場。現地通貨しか使えない
そうなった時に備えて、空港などで事前に現地通貨を手に入れるため両替する人も多いと思います。しかし、この時の両替手数料が高いケースもあるわけです。

国によりますが、かえってイオンカードのキャッシングを使って海外旅行先で現地通貨を引き出したほうが安くつく場合もあります。
イオンカードのキャッシングで現地通貨を手に入れる
もちろん両替と海外キャッシングのどっちがお得か?は国や地域、両替するお店、時期によって変わります。両替したほうがお得なケースも多いと思います。

でも海外旅行に頻繁に行く人は、イオンカードのキャッシングを海外で緊急時も使える現地通貨獲得の非常手段の1つとして考えているんですね。それであえてイオンカードのキャッシング枠を10万円で設定しているのです。

今だけ期間限定キャンペーン中
イオンカードに入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~イオンカードの詳細&審査~
1.イオンカードのETCカードは年会費無料+特典付!
2.イオンカードの限度額→最高100万円超えは可能?
3.イオンカードのキャッシングとは?デメリットも
4.イオンカードをJCBで作るメリットは?デメリット
5.イオンカードをVISAで作るメリット&デメリット
6.イオンカード(マスターカード)のメリットは?
7.イオンカードのディズニー3つの注意点とは?

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2018年10月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノカード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 Yahoo! JAPANカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ