イオンカードをVISAで作るメリットは?デメリットも総まとめ


イオンカードのVISAのメリットは?

イオンカード(WAON一体型)ならVISAマスターカードJCBの3つの国際ブランドの中から、あなたの好きなブランドを1つ選択して申し込みすることができます!

今回はイオンカードのブランドをVISAで作る!メリット&デメリットを解説したいと思います。

今だけ期間限定キャンペーン中
イオンカードに入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲詳しくはここをタップ▲

イオンカードをVISAで作るメリット

イオンカードをVISAで申し込みした場合の最大のメリットは、クレジットカードが使えるお店であれば国内・海外問わずイオンカード(VISA)で支払いができるという点です。

クレジットカードの国際ブランドとしてのVISAは、不動の世界シェアNo.1です。VISAは自らを『世界通貨』と豪語しているが、実際その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくイオンカード(VISA)なら使えます。
VISAカードは『世界通貨』と呼ばれる

これが同じイオンカードでも、もし国際ブランドがJCBだった場合、話は全然違ってきます。JCBは日本発の国際ブランド。だから逆を言えば日本国外、つまり海外に弱い。なので海外でイオンカード(JCB)で支払いしようとしても「そのクレジットカードはご利用できません」と断られる場面に出くわすということになります。

もちろん日本人のよく行く海外の観光地…ハワイ、グアム、台湾などではイオンカード(JCB)でも問題なく利用できることが多いです。むしろ手厚いサービスを提供していたりもします。

ただ日本人のよく行く海外の観光地から一歩外れると、とたんにイオンカード(JCB)は使えなくなってしまうことが多いんです。

イオンカードをVISAで申し込みすれば、そんな心配はいらない。クレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくイオンカード(VISA)が使えるから。
イオンカード(VISA)ならご利用できます!

なお日本国内でイオンカードを使う場合は正直、VISA、マスターカード、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらないです。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られるくらいでしょう。

もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくイオンカード(VISA)が使える。日本国内でもVISAがシェアNo.1なのだから。

イオンカードをVISAで作るデメリット

イオンカード(VISA)の唯一のデメリットはディズニーデザインが選べないことだ。

イオンカードのディズニー・デザインにVISAはない

イオンカードのディズニーの国際ブランドはJCBだけしか選べない。

ディズニーが選べるブランドは?
JCB マスターカード VISA
× ×

なぜならJCBは、東京ディズニーランド&東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサー…だからこそJCBのみでディズニー・デザインのイオンカードが発行できるんですね。

さて話を戻します。イオンカードはVISA、マスターカード、JCBどれで申し込みするのがお得なんでしょうか?

結論としてはディズニーのイオンカードでなくても良いのなら世界中で使えるイオンカード(VISA)がおすすめ。世界シェアNo.1のVISAなら海外旅行にも安心して持っていけます!

今だけ期間限定キャンペーン中
イオンカードに入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲詳しくはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~イオンカードの詳細&審査~
1.イオンカードのETCカードは年会費無料+特典付!
2.イオンカードの限度額→最高100万円超えは可能?
3.イオンカードのキャッシングとは?デメリットも
4.イオンカードをJCBで作るメリットは?デメリット
5.イオンカードをVISAで作るメリット&デメリット
6.イオンカード(マスターカード)のメリットは?
7.イオンカードのディズニー3つの注意点とは?

イオンショップ

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2018年11月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノカード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 Yahoo! JAPANカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ