ライフカードデポジットをVISAで作るメリットは?デメリットもある


ライフカードデポジットのVISAのメリットは?

ライフカードデポジットの国際ブランドは残念ながらVISAは選べません。ライフカードデポジットはマスターカードのみです。

ライフカードデポジット選べるブランドは?
6大国際ブランド
VISA マスターカード JCB
× ×
アメックス ダイナース 銀聯
× × ×

ライフカードデポジットのVISAがほしいっ!そのうち追加されない(・◇・)?

もちろん将来…ライフカードデポジットのVISAが登場する可能性はゼロではないです。

ただ、いつ追加されるかもわからない、追加されないかもしれないライフカードデポジットのVISAを申し込みせずに待っているよりマスターカードで、ひとまずライフカードデポジットを作っちゃったほうが良いと思います。

今すぐ申し込みできます!
当サイト経由なら招待状なしでも申込OK!


▲詳しくはここをタップ▲

なお保証金不要年会費無料SMBCモビットnext(Tカードプラス)を申し込みしたことがない方はライフカードデポジットより先にそちらをお試し下さい。あくまでライフカードデポジットは最後の手段なので…。

確かにVISAは魅力的です。もし今後、ライフカードデポジットのVISAが登場したとしたら…どんなメリットとデメリットがあるでしょうか?

ライフカードデポジットをVISAで作るメリット

ライフカードデポジットをVISAで申し込みした場合の最大のメリットは、クレジットカードが使えるお店であれば国内・海外問わずライフカードデポジット(VISA)で支払いができるという点です。

クレジットカードの国際ブランドとしてのVISAは、不動の世界シェアNo.1です。VISAは自らを『世界通貨』と豪語しているが、実際その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくライフカードデポジット(VISA)なら使えます。
VISAカードは『世界通貨』と呼ばれる

これが同じライフカードデポジットでも、もし国際ブランドがJCBだった場合、話は全然違ってきます。JCBは日本発の国際ブランド。だから逆を言えば日本国外、つまり海外に弱い。なので海外でライフカードデポジット(JCB)で支払いしようとしても「そのクレジットカードはご利用できません」と断られる場面に出くわすということになります。

もちろん日本人のよく行く海外の観光地…ハワイ、グアム、台湾などではライフカードデポジット(JCB)でも問題なく利用できることが多いです。むしろ手厚いサービスを提供していたりもします。

ただ日本人のよく行く海外の観光地から一歩外れると、とたんにライフカードデポジット(JCB)は使えなくなってしまうことが多いんです。

ライフカードデポジットをVISAで申し込みすれば、そんな心配はいらない。クレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくライフカードデポジット(VISA)が使えるから。
ライフカードデポジット(VISA)ならご利用できます!

なお日本国内でライフカードデポジットを使う場合は正直、VISA、マスターカード、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらないです。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られるくらいでしょう。

もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくライフカードデポジット(VISA)が使える。日本国内でもVISAがシェアNo.1なのだから。

それからライフカードデポジット入会時の審査が不安な方はライフカードデポジットの審査とは?もご一読下さい。

ライフカードデポジットをVISAで作るデメリット

ライフカードデポジット(VISA)の唯一のデメリットは海外でショッピングした際の換算レートがマスターカードより高いことが多いことです。

換算レートは、カード会社の決める海外ショッピングの海外事務手数料と、国際ブランドが決める基準レートの掛け算で決まります。式は以下の通りです。

換算レート=(1+カード会社の海外事務手数料)×国際ブランドの基準レート

まずはライフカードデポジットを発行するライフカードデポジット株式会社が決めた海外事務手数料でVISAとマスターカードを比較してみましょう。※1

ライフカードデポジット
海外ショッピング外貨利用手数料
VISA マスターカード
手数料% 2.00% 2.00%

VISAもマスターカードも同じ2.00%ですので海外事務手数料では優劣はありません

では次に国際ブランドごとに決まる基準レートを見てみましょう。※2

基準レートは毎日変動しますし通貨によっても違うんです。ですので代表例として基軸通貨であるアメリカのドルと円、世界通貨のユーロと円、2019年1月1日時点で比較してみます。

2019年1月1日時点
国際ブランドの基準レート
VISA マスターカード
ドル$ 110円47銭 110円45銭
ユーロE 126円43銭 126円41銭

今度はVISAとマスターカードで差が出ました。ご覧のようにドルもユーロもマスターカードの基準レートのほうが安いんです!

でも基準レートは確かにVISAよりマスターカードのほうが安いけど…たった数銭しか違わないよ(・◇・)?

そうです。でも、海外旅行に行った時を思い出してみて下さい。海外旅行って移動するにしろ、食事するにしろ、買い物するにしろ何かにつけてお金が出ていきますよね。

そして日本に帰ってきてクレジットカード会社からの明細を見たら、思っていた以上に高額になった経験…今までありませんでしたか?

この基準レートのたった数銭の違いが…長い目で見ると大きな差になります。

つまり海外でのショッピングで一番お得に買い物できるのは多くの場合VISA…ではなく、実はライフカードデポジット(マスターカード)なんです!

ということでライフカードデポジットの国際ブランドでマスターカードが選べるのは、むしろ最大の長所です!

今すぐ申し込みできます!
当サイト経由なら招待状なしでも申込OK!


▲詳しくはここをタップ▲

なお保証金不要年会費無料SMBCモビットnext(Tカードプラス)を申し込みしたことがない方はライフカードデポジットより先にそちらをお試し下さい。あくまでライフカードデポジットは最後の手段なので…。

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~ライフカードデポジットの詳細&審査~
1.ライフカードデポジットのETCカードは無料でOK!
2.ライフカードデポジットの限度額は?最高10万円
3.ライフカードデポジットのキャッシングとは?
4.ライフカードデポジットの審査→4つの注意点は?
5.ライフカードデポジットの年会費は?保証金も
6.ライフカードデポジットのマスターカードは?
7.ライフカードデポジットのキャンペーンは?

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年12月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 セブンカード・プラス
3位 ヤフーカード

このページの先頭へ