楽天ブラックカードのアメックス(AMEX)のメリット&デメリットは?


楽天ブラックカードのアメックス(AMEX)のメリットとデメリットは?

楽天ブラックカードはアメックスJCBマスターカードの3つの国際ブランドの中から自分の好きな国際ブランドを1つ選択して申し込みすることができます!

楽天ブラックカードで選べるブランドは?
6大国際ブランド
VISA マスターカード JCB
×
アメックス ダイナース 銀聯
× ×

では楽天ブラックカードをアメックスで作った場合のメリットとデメリットはいったい何なのか?今日は一緒に確認していきましょう。

なお楽天ブラックカードの申し込みは、この楽天ブラックカード(公式サイト)からできます。ただしインビテーション(招待状)がないと一握りの人しか審査を通過できない感じです。

楽天ブラックカードをアメックスで作るメリット

楽天ブラックカードをアメックスで申し込みした場合の最大のメリットはアメックス自体が貴重なステータスブランドであるという点です。
楽天ブラックカード(アメックス)はステータスブランド

日本では今回の楽天ブラックカードのように比較的…気軽に作れるアメックスが存在しますが海外になると国によっては富裕層向けに高い年会費を払い、厳しい審査を通過しないとアメックスのクレジットカードをもてない国も存在します。

つまりアメックスのクレジットカードを持てる人が少ない分、希少価値があるんです。

楽天ブラックカードをアメックスで作るメリット2

楽天ブラックカード(アメックス)はコンシェルジュデスクを利用することができます!

電話一本で!まるで自分の秘書が1人いるように国内海外のホテル、飛行機の航空券やゴルフ場、レストランの予約まで相談に乗ってくれます。これで旅行や出張では今まで以上に充実した時間を過ごせるようになりますね(^o^)/
楽天ブラックカード(アメックス)のコンシェルジュデスクに電話で相談

ただし注意してほしいのですが楽天ブラックカード(アメックス)で利用できるコンシェルジュデスクは、アメックス・センチュリオンやアメックス・プラチナのコンシェルジュとは別物です。

2018年10月1日に楽天ブラックカード(アメックス)のコンシェルジュデスクのフリーダイヤルに電話してみたところテン・グループ・ジャパンのオペレーターにつながりました。

テン・グループはコンシェルジュサービス専門のグローバル企業。例えば今はダイナースプレミアムのコンシェルジュの委託先でもあります。

楽天ブラックカードをアメックスで作るデメリット

アメックスは貴重なステータスブランドのためクレジットカードの世界シェアで言えばVISA、マスターカード、銀聯に続く世界第4位だ。

アメックスの世界シェアは約3%にすぎないので海外旅行に持っていくならサブカードとしてVISAかマスターカードを持っていく必要がある。

サブカードには年会費無料クレジットカードで世界シェアNo.1のリクルートカード(VISA)がおすすめだ。

では海外旅行にアメックスのクレジットカードを持っていくメリットはないか?と聞かれれば答えはNo!だ。

例えば海外旅行で富裕層向けの高級ホテルに泊まる。事前決済でクレジットカードをホテルのフロントを渡す場合、そのクレジットカードの国際ブランドも当然、見られている。
楽天ブラックカードのアメックス(AMEX)ならご利用いただけます
アメックスは富裕層向けのイメージが定着しているからホテルマンは、それまで以上にあなたを大切なお客様としてあつかってくれる可能性がある。

これはクレジットカードのステータスがそのまま社会的地位や階級をあらわす国もあるためだ。そのためクレジットカードのステータスに非常に敏感でホテルマンの対応もガラリと変わったりする。高級店ほど敏感だ。

自由の国アメリカは超階級社会クレジットカードにもうるさい
例えばアメリカもそう。アメリカン・エキスプレスは、その名の通りアメリカ発祥の企業だが、アメリカはクレジットカードのステータスに非常にうるさい国なので高級店で買い物する際には富裕層の証にもなるアメックスで支払うと良い。もちろんアメリカは自由の国ですけど…自由だからこそ超階級社会ですからねえ(^。^;)

さらに楽天ブラックカードのキャッシングとは?に詳しく書いたが楽天ブラックカードのアメックスは海外キャッシングは利用できない。国内キャッシングは利用できるのだが。

なお日本国で楽天ブラックカードを使う場合は正直、アメックス、マスターカード、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらないです。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」、100件に4~5件くらい「当店はアメックスは使えません」と断られるくらいです。

ステータスブランドのアメックスとコストパフォーマンスが優良な楽天ブラックカードが1枚のカードとなって手に入るのだから楽天ブラックカードのアメックスは持っておいて損はないカードなのだ。

楽天ブラックカードをアメックスで作る元デメリット

実は、つい最近まで楽天ブラックカード(アメックス)を日本国内で利用することを考えた場合、もう1つ大きなデメリットがあったんです。

あった…過去形だから今はもう気にしなくてもいいデメリットなんだね(・◇・)?

そうです。ただ、知っておいたほうが良い知識なのでこれから詳しく解説します。

実は今も電子マネーのnanacoチャージできるのはJCBの楽天ブラックカードだけなんです。

アメックスの楽天ブラックカードでは、nanacoチャージはできない。

nanacoのチャージ&ポイントの可否
国際ブランド チャージ ポイント付与
アメックス × ×
MasterCard × ×
JCB ×

しかも2017年10月31日までは楽天ブラックカード(JCB)でnanacoチャージすれば100円につき1楽天ポイントもらえていた時代があったんです。

しっ、しかし2017年11月1日からは楽天ブラックカード(JCB)でnanacoチャージしても肝心の楽天ポイント付与が対象外になってしまったんです!
楽天ブラックカード(JCB)限定でnanacoチャージできるが、楽天ポイントは1ポイントも付かない

楽天ブラックカード(JCB)でnanacoチャージすれば100円につき1楽天ポイントもらえていた良き時代。

楽天ブラックカード(JCB)でチャージした電子マネーnanacoを使って、本来はクレジットカード払いできない市町村の水道料金、国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金税金を近所のセブンイレブンに行けばnanacoで支払いできた。※ただしお住いの都道府県・市町村によって異なる

あなたの手元には楽天ブラックカード(JCB)でnanacoチャージした金額の1パーセント分の楽天ポイントが残ったわけです。

もちろん税金等をnanacoで支払った場合には、本来お買い物100円支払いにつき1ポイントもらえるnanacoポイントはもともと付与されなかった、対象外だったですが。

nanacoで支払えばnanacoポイントはつく?
種類 nanacoポイント
お買い物
税金等 つか×ない

2017年10月31日までは楽天ブラックカード(JCB)でnanacoチャージすれば100円につき1楽天ポイントもらえていた。

しかし2017年11月1日からは楽天ブラックカード(JCB)でnanacoチャージしても肝心の楽天ポイント付与が対象外になってしまった!

じゃあ、もうnanacoで税金や公共料金を支払ってポイントをもらう裏技は使えないの?(ToT)

いいえ。実は年会費無料クレジットカードのリクルートカードを使えば、この裏技はまだ使えます。しかも還元率は1.2%とさらにたくさんポイントがもらえます。詳しくはリクルートカードでnanacoチャージ→驚異の還元率1.2%の真相に迫るをご覧下さい。

さて話を戻して、楽天ブラックカードはアメックス、VISA、マスターカード、JCBどれで申し込みするのがお得なのだろうか?

結論としては主に利用するのが日本。しかも日本大好き!国産を応援したいなら楽天ブラックカードはJCB!

海外でお得に買い物したいなら世界シェアNo.2で換算レートがVISAよりも安いことが多いマスターカードで楽天ブラックカードを作ればOK!

でも、やっぱりステータスブランドであるアメックスの楽天ブラックカードがほしいならアメックスで申し込みしよう!

幻の楽天ブラックカード
招待状なしでも申し込みはできますが…

楽天ブラックカードのお申込み
▲ほぼ審査落ちます(ToT)▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
楽天ブラックカード(JCB)のメリットは?
楽天ブラックカードのマスターカードのメリット
楽天ブラックカードのアメックスのメリットは?

~楽天ブラックカードの詳細&審査~
1.楽天ブラックカードのインビテーションと審査
2.楽天ブラックカードのラウンジ→無料の空港は?
3.楽天ブラックカードのキャンペーン→3つを厳選!
4.楽天ブラックカードのETCカードは年会費無料!
5.楽天ブラックカード(JCB)のメリットは?
6.楽天ブラックカードのキャッシング総まとめ
7.楽天ブラックカードの限度額は?最高1000万円

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2018年10月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノカード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 Yahoo! JAPANカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ