楽天ゴールドカードのnanacoチャージ→ポイント対象外に!代わりは?


楽天ゴールドカードのnanacoチャージがポイント対象外に。代わりは?

楽天ゴールドカードをJCBで作る最大のメリットは電子マネーnanaco(ナナコ)のチャージができ、しかも楽天ポイントも通常通り満額もらえることだった…

えっ…過去形ってことはnanacoチャージは、もうできないの?(°□°;)

いいえ。楽天ゴールドカードをJCBで作ればnanacoのチャージ自体はできますが…

2017年11月1日からは、肝心の楽天ポイント付与が対象外になってしまったんです!
楽天ゴールドカード(JCB)限定でnanacoチャージできるが、楽天ポイントは1ポイントも付かない
たとえ楽天ゴールドカード(JCB)で1万円分をnanacoのチャージしても、楽天ポイントは1ポイントも…もらえません(^。^;)

もちろん楽天ゴールドカードの国際ブランドをVISAやマスターカードで作った場合、そもそもnanacoチャージ自体ができません。

nanacoのチャージ&ポイントの可否
国際ブランド チャージ ポイント付与
JCB ×
VISA × ×
MasterCard × ×

だからnanacoのチャージできるのは引き続き楽天ゴールドカード(JCB)のメリットの1つではあります。

キャンペーン中ですよ(^o^)/
楽天ゴールドカードの新規入会&利用キャンペーン♪


▲お申し込みはここをタップ▲

でも肝心の楽天ポイントが、1ポイントもつかないのだとしたら還元率0%…これって無意味ですよね?

2017年10月31日までは楽天ゴールドカード(JCB)でnanacoチャージすれば100円につき1楽天ポイントもらえていました。

そして楽天ゴールドカードでチャージしたnanacoさえあれば、通常はクレジットカード払いができない市町村の水道料金や国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金税金まで最寄りのセブンイレブンに行ってnanacoで支払いができたんです!※お住いの都道府県・市町村により異なる

ただし、これらの税金等は、通常nanacoでお買い物した際に100円支払いにつき1ポイントもらえるnanacoポイントについては付かない、対象外でした。

nanacoで支払えばnanacoポイントはつく?
種類 nanacoポイント
お買い物
税金等 つか×ない

しかし、すでに楽天ゴールドカード(JCB)でnanacoチャージした際に100円につき1楽天ポイントもらっているから還元率は1%でした!

このように楽天ゴールドカードを作ると、本来はクレジットカード払いできない公共料金や税金の支払いをnanacoで支払いすることで事実上クレジットカード払いできる裏技が使えました。

必ず定期的に支払わなければならない上に、高額になることもある税金や公共料金の1%が楽天ポイントになって帰ってくる!この違いは、長い目で見ると大きいかったわけです!

でも2017年11月1日からは楽天ゴールドカード(JCB)でnanacoチャージしても肝心の楽天ポイント付与が対象外になってしまったんです。

じゃあもうnanacoで税金や公共料金を支払ってポイントをもらう裏技は使えないんだね?(ToT)

いいえ。実は、まだnanacoチャージでもポイントがもらえるクレジットカードが数枚だけ残っています。

その中でも下記の3枚のクレジットカードがnanacoチャージ用として人気があります

代わりのクレジットカードは?

まず年会費無料クレジットカードのリクルートカード。
リクルートカードならVISA、JCB、マスターカードどれでもnanacoチャージでき還元率も1.2パーセントとなる
しかもnanacoチャージでも還元率は1.2%とさらにたくさんポイントがもらえます。詳しくはリクルートカードでnanacoチャージ→驚異の還元率1.2%の真相に迫るをご覧下さい。

次に年会費無料クレジットカードのYahoo! JAPANカード。
ヤフーカードならVISA、JCB、マスターカードどれでもnanacoチャージでき還元率も0.5パーセントとなる
nanacoチャージでの還元率は0.5%ですが月間チャージ金額の制限がありません。

実は上で紹介したリクルートカードは還元率は1.2%だけれど2枚持ちをしても電子マネーのチャージでポイントがもらえるのは毎月6万円までという制限があります。

電子マネーのチャージは毎月6万円までという制限が邪魔な方はYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)はnanacoチャージOK→還元率0.5%をご覧下さい。

最後に条件付き年会費無料クレジットカードのセブンカード・プラス。
セブンカード・プラスならVISAもJCBもnanacoチャージでき還元率も0.5パーセントとなる
nanacoチャージでの還元率は0.5%ですがnanacoもセブンカード・プラスも同じセブン&アイグループのサービスです。

ですから今後、例えば他のクレジットカードすべてがnanacoチャージをポイント対象外にしてもセブンカード・プラスだけはnanacoチャージできるクレジットカードとして残るんじゃないか?と考える方が申し込みしている感じですね。

セブンカード・プラスでのnanacoチャージについてはセブンカード・プラスでnanacoチャージ還元率0.5%の真相に迫るをご覧下さい。

まあ確かにnanacoチャージ用のクレジットカードが改悪されるたびに、nanacoチャージ用のクレジットカードを探し…新しく作るのは面倒くさいですよね(^。^;)

でもセブンカード・プラスは条件付き年会費無料クレジットカードじゃない!つまり条件を満たせないと年会費有料でしょ?(°□°;)

確かにそうです。でも実はセブンカード・プラスの年会費をずーっと無料にする方法もあるんです。詳しくはセブンカード・プラスの年会費を無料にする2つの方法とは?をご覧下さい。

以上3つのnanacoチャージ用クレジットカードをご紹介しました。あなたはどのクレジットカードを選択しますか?

キャンペーン中ですよ(^o^)/
楽天ゴールドカードの新規入会&利用キャンペーン♪


▲お申し込みはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~楽天ゴールドカードの詳細&審査~
1.楽天ゴールドカードの年会費→損益分岐点は?
2.楽天ゴールドカードの審査のコツ→6つの裏技は?
3.楽天ゴールドカードのラウンジ→無料の空港は?
4.楽天ゴールドカードのキャンペーン→3つを厳選!
5.楽天ゴールドカードのETCカードは年会費無料!
6.楽天ゴールドカード(JCB)のメリット&デメリット
7.楽天ゴールドカードの海外旅行保険とは?完全版
8.楽天ゴールドカードのキャッシングとは?注意点
9.楽天ゴールドカードの限度額は最高300万円?

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2018年10月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノカード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 Yahoo! JAPANカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ