ミライノ カードのマスターカードのメリット&デメリット総まとめ


ミライノ カードのマスターカードのメリットは?

ミライノ カードをマスターカードで作るメリット

ミライノ カードをマスターカードで申し込みする最大のメリットは、国内・国外問わず!ミライノ カード(マスターカード)で支払いができるという点です!

マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo.2の国際ブランドです。だから海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば、ほぼミライノ カード(マスターカード)で支払いできることが多いです。

マスターカードは世界シェアNo.2の国際ブランド

クレジットカードなんだから海外でも使えて当たり前なんじゃないの(・◇・)?

と思うかもしれませんが、違います。実は、選ぶ国際ブランドによって加盟店数…つまりその国際ブランドのクレジットカードを使えるお店の数に天と地ほどの差があるんです!

例えば日本発の国際ブランドであるJCBは日本国内では、もちろんクレジットカードとして普通に不自由なく使えます。ただし海外、日本人のよく行く観光地以外では、JCBは…そもそもクレジットカード扱いしてもらえなかったりします。

スポンサードリンク

原因はJCBが、国際ブランドの世界シェアで言えば5位…パーセントにすれば、たった1.2%のシェアにすぎないから。

その点、世界シェアNo.2のミライノ カード(マスターカード)を選択すれば、マスターカードが地球の隅々まで張り巡らせた加盟店ネットワークをフル活用できるから海外旅行にも安心して持っていけます。
ミライノ カード(マスターカード)なら使えます

あなたが世界シェアNo.1のVISAのクレジットカードをすでに持っているのであれば、ミライノ カードの国際ブランドを世界シェアNo.2のマスターカードで入会するのは賢い選択です。

なぜなら手持ちのクレジットカードの国際ブランドを分散させることで、国際ブランドが原因でクレジットカードの利用を断られるリスクを極限まで低くできるのだからです!

ちなみに日本国でミライノ カードを使う場合は正直、マスターカード、VISA、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらないです。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られるくらいです。

それからミライノ カード入会時の審査が不安な方はミライノ カードの審査とは?もご一読下さい。

ミライノ カードをマスターカードで作るデメリット

ミライノ カードをマスターカードで作ろうと思った場合の最大のデメリットは、ミライノ カード(マスターカード)が…まだ発行検討段階にずぎず、いつになったら申し込みできるか?わからなかったことでした。※1

しかし2018年4月20日よりミライノ カード(マスターカード)の申し込みが開始されました!※3

ミライノ カード(JCB)については、すでに2017年11月6日から募集開始していますから約5か月遅れでミライノ カード(マスターカード)も申し込みできるようになったわけです。※2

ところでミライノ カード(JCB)は、住信SBIネット銀行とJCBとの提携により発行しています。

それに対してミライノ カード(マスターカード)は、住信SBIネット銀行とライフカードとの提携により発行されるクレジットカードとなります。

ただミライノ カード(マスターカード)には、重大なマイナス点が2つありますので注意が必要です。

1つ目のミライノ カード(マスターカード)の注意点は、すでに住信SBIネット銀行の口座を開設済みの人しかミライノ カード(マスターカード)を申し込みできません。

つまりミライノ カード(マスターカード)で買い物した利用代金の引き落とし口座も…住信SBIネット銀行しか利用できませんので注意が必要です。他の銀行の口座をミライノ カード(マスターカード)の引き落とし口座に指定できません。

なおミライノ カード(マスターカード)はスマプロポイントが直接貯まります。それに対しミライノ カード(JCB)はミライノ ポイントが貯まります。※詳しくはミライノ カードのポイント→還元率は1%ただし有効期限に注意!をご覧下さい。

2つ目のミライノ カード(マスターカード)の注意点は、ポイント還元率がミライノ カード(JCB)は1%だったのに対し…ミライノ カード(マスターカード)は日本国内での利用はポイント還元率が0.6%と半減してしまうことです。※4

その代わりにミライノ カード(マスターカード)は海外での利用については還元率1.2%とミライノ カード(JCB)を上回る還元率となります。

しかし普通はミライノ カードを海外で利用することより国内でミライノ カードを利用することのほうが圧倒的に多いですよね?

ですから国内での還元率0.6%しかないミライノ カード(マスターカード)でなく、国内での還元率1%のミライノ カード(JCB)をおすすめします。

今だけ期間限定キャンペーン中
ミライノ カードに新規入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲詳しくはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
ミライノ カードのマスターカードのメリットは?
ミライノ カード(JCB)のメリットは?デメリットも
ミライノ カードのVISAのメリット&デメリット

~ミライノ カードの詳細&審査~
1.ミライノ カードの年会費→翌年度無料の条件は?
2.ミライノ カードの審査のコツ→5つの裏技とは?
3.ミライノ カード(JCB)のメリットは?デメリットも
4.ミライノ カードのETCカード→発行手数料まで無料
5.ミライノ カードの限度額は?最高100万円まで
6.ミライノ カードのキャッシング→メリットは?
7.ミライノ カードのポイント→還元率は1%

※1http://www.sbigroup.co.jp/news/pr/2017/0711_10727.html
※2https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20171106_1
※3https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20180420
※4スマプロポイント交換で還元率は1%
※4https://contents.netbk.co.jp/pc/pdf/miraino_master_grade_spec.pdf

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年9月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 ヤフーカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ