ミライノカードのVISAのメリット&デメリット総まとめ


ミライノカードのVISAのメリットは?

ミライノカードをVISAで作るメリット

ミライノカードをVISAで申し込みした場合の最大のメリットは、国内・海外問わずミライノカード(VISA)で支払いができるという点です。

国際ブランドとしてのVISAは、世界シェアNo.1。VISAは自らを『世界通貨』と豪語していますが実際、その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくミライノカード(VISA)が使えます。
VISAカードは『世界通貨』と呼ばれる

これが同じミライノカードでも、もし国際ブランドがJCBだった場合、話が全然違ってきます。JCBは日本発の国際ブランド。だから逆を言えば日本国外、海外に弱い。つまり海外でミライノカード(JCB)で支払いしようとしても「そのクレジットカードはご利用できません」と断られる場面に出くわすということもあります。

もちろん日本人のよく行く海外の観光地…ハワイ、グアム、台湾などではミライノカード(JCB)でも問題なく利用できることが多いですし…むしろ手厚いサービスを提供していたりします。

ただ日本人のよく行く海外の観光地から一歩外れると、とたんにミライノカード(JCB)は使えなくなってしまうことが多いです。

その点ミライノカードをVISAで申し込みすれば、そんな心配はいりません。クレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくミライノカード(VISA)が使えるからです。
ミライノカード(VISA)ならご利用できます!

なお日本国でミライノカードを使う場合は正直、VISA、マスターカード、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらないです。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られるくらいですね。

もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくミライノカード(VISA)が使えます。日本国内でもVISAがシェアNo.1だからだです。

ミライノカードVISAのデメリット

ミライノカードをVISAで作ろうと思った場合の最大のデメリットは、ミライノカード(VISA)が今後発行されるかどうかさえ…まったく、わからないという点です。

まずミライノカードで選べる国際ブランドはJCBとマスターカードの2択です。

ミライノカードのVISAは、存在しません。

ミライノカードで選べるブランドは?
6大国際ブランド
VISA マスターカード JCB
×
アメックス ダイナース 銀聯
× × ×

なおミライノカードのマスターカードについては、ミライノカード(JCB)に遅れること約5カ月後の2018年4月20日から申し込みが開始されました。※1※3

しかしミライノカードのマスターカードは、日本国内での利用はポイント還元率が0.6%しかない!致命的な弱点があります。

その分ミライノカード(マスターカード)は、海外での利用分は還元率1.2パーセントとなります。でも国際線の飛行機のパイロットでもない限り、普通は海外での利用より…日本国内での利用のほうが多いですよね?

するとVISAの代わりにマスターカードでいいや♪…などと間違って、日本国内でのポイント還元率が0.6%しかないミライノカード(マスターカード)を作ってしまうと大損しますので注意して下さい。

それに対してミライノカード(JCB)のポイント還元率は1%ですのでミライノカード(JCB)を作ったほうが絶対お得なわけです。

なお今のところミライノカードのVISAについては、言及さえされていない状態なので将来的に発行されるか?はクエスチョンです(ToT)

もっともミライノカード発行元の住信SBIネット銀行は、Visaデビット付キャッシュカードを2016年1月27日から発行しているのですが…。※2
住信SBIネット銀行発行のVisaデビット付キャッシュカード

ただ発行されるかどうかさえ…わからないミライノカード(VISA)の募集開始を何年間も待つよりも、今すぐ申し込みでき…しかもポイント還元率1%のミライノカード(JCB)を手に入れたほうが良いと思います。

今すぐ申し込みできます
ミライノカードに入会して充実した2018年を手に入れよう!


▲お申し込みはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~ミライノカードの詳細&審査~
ミライノカード(JCB)のメリットは?デメリットも
ミライノカードのマスターカードのメリットは?
ミライノカードのVISAのメリット&デメリット

1.ミライノカードの年会費→翌年度無料の条件は?
2.ミライノカードの審査のコツ→5つの裏技とは?
3.ミライノカード(JCB)のメリットは?デメリットも
4.ミライノカードのETCカードは年会費無料!
5.ミライノカードの限度額は?最高100万円まで
6.ミライノカードのキャッシング→メリットは?
7.ミライノカードのポイント→還元率は最大1%

※1http://www.sbigroup.co.jp/news/pr/2017/0711_10727.html
※2https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/mg_notice_160108_info
※3https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20180420
※3https://contents.netbk.co.jp/pc/pdf/miraino_master_grade_spec.pdf

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2018年5月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード 三井住友ゴールドカード
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード ダイナースクラブカード
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノカード
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 Yahoo! JAPANカード
3位

このページの先頭へ