ミライノカードをJCBで作るメリットは?デメリット総まとめ!


ミライノカードのJCBのメリットは?

ミライノカードをJCBで作るメリット

まずミライノカードで選べる国際ブランドは今のところJCBの1択のみです。

ミライノカードのVISAやマスターカードは、存在しません。※1

ミライノカードで選べるブランドは?
6大国際ブランド
VISA マスターカード JCB
×
アメックス ダイナース 銀聯
× × ×

なおミライノカードのマスターカードについては、カード発行元の住信SBIネット銀行が発行を検討中のようですので、近い将来ミライノカードのブランドの選択肢が2択…JCBとマスターカードに増える可能性はあります。

しかし!いつ申し込み開始するかわからないミライノカードのマスターカードを待つよりは、ミライノカード(JCB)をまず作ってしまったほうがいいかもしれませんね。

今回のミライノカードのように、まずJCBブランドのカードが先行発行されるなど…お得なメリットに真っ先にありつけたりするのがJCBの強みです。

他にも例えばコンビニ最大手のセブンイレブン。最初にクレジットカードを使えるようになった際、国際ブランドは実はJCB限定だったんです。今は、もちろん普通にセブンイレブンでVISAやマスターカードも使えますが、当初はJCB限定だったんですよ。

ですからJCBブランドのクレジットカードは1枚持っておかないと損です!

ミライノカードをJCBで作るデメリット

ミライノカードをJCBで作った場合の最大のデメリットは、海外での支払いで使えないケースが多いことです。

クレジットカード(JCB)は海外では使える加盟店が少ない

JCBは日本発のクレジットカードの国際ブランド。それゆえ日本国内では今回のミライノカードのように…まずJCBブランドのカードが先行発行されるなどお得なメリットに真っ先にありつけたりするのがJCBの強みです。

しかし日本発の国際ブランドゆえに、海外ではあまり使えない。つまり海外でミライノカード(JCB)で支払いしようと店員に渡しても「このクレジットカードは当店では使えません」と断られるケースがあります。

ミライノカードをVISAやマスターカードで作った場合は、こういったケースにはまずお目にかからないです。なぜならクレジットカードが使えることとVISAやマスターカードが使えることは、ほぼイコールだからです。

なお海外旅行で日本人がよく行くメジャーな観光地、例えばハワイやグアム、台湾などではミライノカード(JCB)でも普通に買い物できることが多いので安心して下さい。

むしろJCBのほうがVISAやマスターカードより手厚いサービスを提供している観光地だってあります。
日本人の観光客の多いハワイ
ようは日本人のあまり行かない穴場の海外の観光地に行く場合には、ミライノカード(JCB)が使えないケースがあることを知っておいてほしいです。

結論としてはミライノカードは今のところJCB限定!だから海外で頻繁に使う予定がなかったり、今すぐミライノカードが欲しい人は、ミライノカードはJCBで申し込みしよう!

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
ミライノカードのマスターカードのメリットは?
ミライノカード(JCB)のメリットは?デメリットも
ミライノカードのVISAのメリット&デメリット

~ミライノカードの詳細&審査~
1.ミライノカードの年会費→翌年度無料の条件は?
2.ミライノカードの審査のコツ→最新情報まとめ
3.ミライノカード(JCB)のメリットは?デメリットも
4.ミライノカードのETCカードは年会費無料!
5.ミライノカードの限度額は?最高100万円まで

※1https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/creditcard
※1http://www.sbigroup.co.jp/news/pr/pdf/2017/0711_d.pdf

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2017年11月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 ライフカード 三井住友ゴールドカード

このページの先頭へ