楽天カードのETCカードは年会費540円→でも無料にする裏技がある!


楽天カードのETCカードの年会費540円を無料にする裏技

今や年会費無料クレジットカードの日本代表とも言える楽天カード。でも楽天カードを申し込みしようとしている、あなた。楽天カードの申し込み前にちょっと話を聞いて下さい。1つだけ注意が必要なことがあります。

実は、ETCカードは有料…年会費が540円(税込)もかかってしまうんです!

ただしETCカードの年会費も無料にする裏技があります。

楽天市場の会員ランクがダイヤモンドプラチナの時にETCカードに申し込みすれば年会費も無料になっちゃうんです!

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天カードの入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをクリック▲

なお、この記事の後半に書きますが、実はゴールドシルバーレギュラーの人も無料になる可能性がありますので、この記事を最後まで読んでみて下さいね。

もう一度、楽天市場の会員ランクを確認してみましょう。
会員ランク 過去6ヶ月の獲得ポイントと獲得回数
ダイヤモンド 4000ポイント以上で、30回以上ポイント獲得
プラチナ 2000ポイント以上で、15回以上ポイント獲得
ゴールド 700ポイント以上で、7回以上ポイント獲得
シルバー 200ポイント以上で、2回以上ポイント獲得
レギュラー 1ポイント以上で、1回以上ポイント獲得

※ダイヤモンド会員は楽天カードの保有者のみ対象。
※レギュラー会員は『過去6ヶ月』⇒『過去1度でも』に読み替え。

つまり楽天市場で過去6ヶ月の獲得ポイントが2000ポイント以上で、かつ獲得回数が15回以上になれば翌月の2日から楽天市場の楽天会員ランクがプラチナになれる。

そしてプラチナ以上の会員ランクがあれば、ETCカードを申し込みしたとしても年会費は無料になるわけです。

ですから、あなたが今、楽天カードを申し込みする時点で、楽天市場の会員ランクがプラチナであればETCカードも同時に申し込みして大丈夫です。ETCカードも年会費無料になりますから。

ゴールド以下のランクの場合

楽天市場の会員ランクがゴールドシルバーレギュラーの皆さんは、楽天カードの申し込みと同時のETCカードの申し込みは原則あきらめて下さい。ETCカードの年会費540円分、損してしまいますので。

ただし例外として楽天カードと『ETCカード同時申し込みキャンペーン』でもらえるポイント数ETCカードの年会費540円と同額か、それ以上になる場合があります。

楽天ETCカード同時申し込みキャンペーンの画面
この場合は、ETCカードの1年目の年会費540円支払っても特典ポイントとして540円分と同額か、それ以上が手元に戻ってきますので楽天カードと同時にETCカードを申し込みしてかまいません。

さて、先ほど私は楽天市場の会員ランクがゴールドシルバーレギュラーの皆さんは、楽天カードの申し込みと同時のETCカードの申し込みは原則あきらめて下さい、と言いました。

それは、つまり楽天カードを先に作って、ETCカードは後から、楽天市場の会員ランクがプラチナになってからETCカードを申し込みしましょうということです。

えっ!?w( ̄Д ̄;)w

でも今まで、せいぜいランクアップしてもゴールド止まりでプラチナなんか見たこともないよ?と言う人もいると思います。
会員ランク 過去6ヶ月の獲得ポイントと獲得回数
ダイヤモンド 4000ポイント以上で、30回以上ポイント獲得
プラチナ 2000ポイント以上で、15回以上ポイント獲得
ゴールド 700ポイント以上で、7回以上ポイント獲得
シルバー 200ポイント以上で、2回以上ポイント獲得
レギュラー 1ポイント以上で、1回以上ポイント獲得

でも安心して下さい。楽天カードさえあれば、楽天市場でもらえるランクアップ対象の楽天ポイントを…今までの2倍のペースで増やせるんです!

今までは楽天カードがありませんでしたから、楽天市場で買い物してもランクアップ対象の楽天ポイントは100円に1ポイントしかつきませんでした。

楽天市場で100円買い物した場合
楽天カード
通常ポイント 1
ポイント合計 1

しかし!これからは楽天市場での買い物の際に、支払いを楽天カードにすればランクアップ対象の楽天ポイントを今までもらっていた100円支払いにつき1ポイントに加え…さらに1ポイントもらえます。

楽天市場で100円買い物した場合
楽天カード
通常ポイント 1
楽天カード分 1
ポイント合計 2

つまり楽天市場で楽天カードを使って100円の買い物をすればランクアップ対象の楽天ポイントが2ポイントつくことになります。

112

このように楽天カードさえあれば、楽天市場でもらえるランクアップ対象の楽天ポイントは、今までの2倍のペースで増やせます!

なお注意点としては、楽天ポイントの中でも期間限定ポイントやお買い上げが伴わない付与ポイントはランクアップ対象の楽天ポイントではありませんのでランクアップには関係ありません。

さらに楽天市場以外でもお住いの地域のスーパーやコンビニなど普段のクレジットカード支払いを、楽天カードメインで支払いすれば、これもランクアップ対象の楽天ポイントが100円に1ポイントたまります。

このように普段の支払いを楽天カードに替えた場合に会員ランクがプラチナになるかどうか?

もし半年たっても楽天市場の会員ランクがプラチナにならないとしたら楽天カードでETCカードを作るのはやめた方がいいです。

なぜなら楽天ETCカードは毎年、ETCカード入会月の翌月に会員ランクの確認作業があり、楽天市場の会員ランクがダイヤモンドプラチナでなければETCカードの年会費540円(税込)請求されるからです。

もちろん楽天カードのETCカードを使って高速道路料金を払えば、100円利用につき1楽天ポイントもらえますから1%の高還元率です。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%ですから2倍の還元率、確かに魅力的です。

でも、その1%の高還元率の恩恵を受けれるのはあくまでETCカードの年会費と同じ540円分の楽天ポイントをあなたがもらったの話です。そのためには高速道路料金として1年間に最低でも54,000円利用する必要があります。

その前の段階では年会費540円(税込)分マイナスからのスタートとなるわけです。

はっきり言いますがETCカードの年会費540円(税込)払うなんて馬鹿げています。ほとんどのクレジットカード会社は無料でETCカードを使わせてくれるわけですから。

ですから普段の支払いを楽天カードに替えても会員ランクがプラチナにならなかった場合には、年会費クレジットカードでETCカードの発行手数料も無料、ETCカードの年会費も無料、しかも還元率1.2%リクルートカード(JCB)のETCカードをお勧めします。

さて楽天カードに話を戻します。もちろん楽天カードは、このETCカードの件以外は優秀ですし、だからこそ私も長年、楽天カードを愛用しているわけですよ(^O^)

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天カードの入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをクリック▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~楽天カードの詳細&審査~
1.楽天カードの審査のコツ→7つの裏技とは?
2.楽天カードの限度額は?最高300万円まで増枠可
3.楽天カードのETCカード年会費540円を無料にする
4.楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
5.楽天カードの海外旅行保険の補償内容→総まとめ
6.楽天カードは傷害保険が無料!交通事故入院保障
7.楽天カードのキャッシングとは?デメリットも有

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2017年12月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード 三井住友ゴールドカード

このページの先頭へ