楽天カード(VISA)のメリットは?デメリットもまとめてみました!


楽天カードのVISAのメリットは?

楽天カードはVISAJCBマスターカードアメックスの4つの国際ブランドの中から、自分の好きな国際ブランドを1つ選択して申し込みすることができます!

では楽天カードをVISAで作った場合の、メリットとデメリットはいったい何なのか?今日は一緒に確認していきましょう。

キャンペーン中ですよ(^o^)/
楽天カードの新規入会&利用キャンペーン♪


▲お申し込みはここをタップ▲

それから楽天市場で毎月9000円以上お買い物する方は楽天カードより楽天ゴールドカードのほうが楽天ポイントが多くもらえる分お得ですので注意が必要です、もちろん楽天ゴールドカードの年会費2160円(税込)を差し引いても得なんです。

一生に一度しかもらえない新規入会&利用キャンペーンでもらえる楽天ポイントも楽天ゴールドカードのほうが圧倒的に多い!詳しくは楽天ゴールドカードの年会費→元を取る損益分岐点はいくら?をご覧下さい。

楽天カードをVISAで作るメリット

楽天カードをVISAで申し込みした場合の最大のメリットは、国内・海外問わず楽天カード(VISA)で支払いができるという点だ。

国際ブランドとしてのVISAは、世界シェアNo.1。VISAは自らを『世界通貨』と豪語しているが実際、その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなく楽天カード(VISA)が使える。
VISAカードは『世界通貨』と呼ばれる

これが同じ楽天カードでも、もし国際ブランドがJCBだった場合、話が全然違ってくる。JCBは日本発の国際ブランド。だから逆を言えば日本国外、海外に弱いのだ。つまり海外で楽天カード(JCB)で支払いしようとしても「そのクレジットカードはご利用できません」と断られる場面に出くわすということだ。

もちろん日本人のよく行く海外の観光地…ハワイ、グアム、台湾などでは楽天カード(JCB)でも問題なく利用できることが多い。むしろ手厚いサービスを提供していたりする。

ただ日本人のよく行く海外の観光地から一歩外れると、とたんに楽天カード(JCB)は使えなくなってしまうことが多い。

楽天カードをVISAで申し込みすれば、そんな心配はいらない。クレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなく楽天カード(VISA)が使えるからだ。
楽天カード(VISA)ならご利用できます!

なお日本国で楽天カードを使う場合は正直、VISA、マスターカード、JCB、アメックスどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらない。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」、100件に4~5件くらい「当店はアメックスは使えません」と断られるくらいだろう。

もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなく楽天カード(VISA)が使える。日本国内でもVISAがシェアNo.1だからだ。

楽天カードをVISAで作るメリット2

2017年11月から楽天カード(VISA)をもっている会員だけに特権が加わった。それは…

今持っている楽天カード(VISA)に加えて…VISA以外の国際ブランドの楽天カードをもう1枚持つことができるようになった!

この追加で申し込みできるカードは楽天カードはもちろん楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードでも大丈夫だ。

例えば楽天カード(VISA)に加えて、楽天カード(JCB)のお買い物パンダデザインを申し込みすることもできるし。

楽天カード(VISA)に加えて、楽天プレミアムカード(マスターカード)の申し込みをすることもできる。

楽天カード(VISA)に追加できるカードは?
VISA AMEX Master JCB
楽天カード ×
楽天ゴールドカード × ×
楽天プレミアムカード ×
楽天ブラックカード ×

楽天カードは、通常は2枚持ちはできない。新しく申し込んだカードを受け取った後は、前のカードは利用できなくなる。

しかし最初に楽天カード(VISA)で入会すれば2枚目の楽天カードを追加で申し込みでき、楽天カードの2枚持ちができるのだ!

楽天カードをVISAで作るデメリット

楽天カードのVISAは、カードのデザインをこの通常デザインのみしか選択することができません。
楽天カードのVISAの通常デザイン

それに対して楽天カードのマスターカードとJCBは…
1.お買い物パンダデザイン
2.FCバルセロナデザイン
3.楽天イーグルスデザイン
を選ぶことができます!

1.お買い物パンダデザイン

楽天カードのお買い物パンダデザイン

2.FCバルセロナデザイン

楽天カードのFCバルセロナデザイン

3.楽天イーグルスデザイン

楽天カードの楽天イーグルスデザイン
さらに楽天カードのJCBは…
4.ディズニー・デザイン
も選ぶことができます!

4.ディズニー・デザイン

楽天カードのJCBのディズニー・デザイン

楽天カードをVISAで作る元デメリット

実は、つい最近まで楽天カード(VISA)を日本国内で利用することを考えた場合、もう1つ大きなデメリットがあったんです。

あった…過去形だから今はもう気にしなくてもいいデメリットなんだね(・◇・)?

そうです。ただ、知っておいたほうが良い知識なのでこれから詳しく解説します。

実は今も電子マネーのnanacoチャージできるのはJCBの楽天カードだけなんです。

VISAの楽天カードでは、nanacoチャージはできない。

nanacoのチャージ&ポイントの可否
国際ブランド チャージ ポイント付与
VISA × ×
MasterCard × ×
アメックス × ×
JCB ×

しかも2017年10月31日までは楽天カード(JCB)でnanacoチャージすれば100円につき1楽天ポイントもらえていた時代があったんです。

しっ、しかし2017年11月1日からは楽天カード(JCB)でnanacoチャージしても肝心の楽天ポイント付与が対象外になってしまったんです!
楽天カード(JCB)限定でnanacoチャージできるが、楽天ポイントは1ポイントも付かない

楽天カード(JCB)でnanacoチャージすれば100円につき1楽天ポイントもらえていた良き時代。

楽天カード(JCB)でチャージした電子マネーnanacoを使って、本来はクレジットカード払いできない市町村の水道料金、国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金税金を近所のセブンイレブンに行けばnanacoで支払いできた。※ただしお住いの都道府県・市町村によって異なる

あなたの手元には楽天カード(JCB)でnanacoチャージした金額の1パーセント分の楽天ポイントが残ったわけです。

もちろん税金等をnanacoで支払った場合には、本来お買い物100円支払いにつき1ポイントもらえるnanacoポイントはもともと付与されなかった、対象外だったですが。

nanacoで支払えばnanacoポイントはつく?
種類 nanacoポイント
お買い物
税金等 つか×ない

2017年10月31日までは楽天カード(JCB)でnanacoチャージすれば100円につき1楽天ポイントもらえていた。

しかし2017年11月1日からは楽天カード(JCB)でnanacoチャージしても肝心の楽天ポイント付与が対象外になってしまった!

じゃあ、もうnanacoで税金や公共料金を支払ってポイントをもらう裏技は使えないの?(ToT)

いいえ。実は年会費無料クレジットカードのリクルートカードを使えば、この裏技はまだ使えます。しかも還元率は1.2%とさらにたくさんポイントがもらえます。詳しくはリクルートカードでnanacoチャージ→驚異の還元率1.2%の真相に迫るをご覧下さい。

さて話を戻して、楽天カードはVISA、マスターカード、JCB、アメックスどれで申し込みするのがお得なのだろうか?

結論としては楽天カード(JCB)のみ可能だったnanacoチャージでのポイントがもらえなくなった今、お買い物パンダデザインなどカードの額面の絵柄に…こだわらないなら世界中で使える楽天カード(VISA)で申し込みするのがベストな選択だ。

もしFCバルセロナデザインなどカードの額面の絵柄が気に入ったなら世界シェアNo.2のマスターカードで楽天カードを作れば海外旅行もOKだ!

キャンペーン中ですよ(^o^)/
楽天カードの新規入会&利用キャンペーン♪


▲お申し込みはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
楽天カード(VISA)のメリットは?デメリットも
楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
楽天カード(マスターカード)のメリットまとめ
楽天カードのアメックス(AMEX)のメリットは?

~楽天カードの詳細&審査~
1.楽天カードの審査のコツ→7つの裏技とは?
2.楽天カード(VISA)のメリットは?デメリットも
3.楽天カード(マスターカード)のメリットまとめ
4.楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
5.楽天カードのキャンペーン→エントリーすべき3つ
6.楽天カードのETCカード年会費540円を無料にする
7.楽天カードのキャッシングとは?デメリットも有
8.楽天カードの海外旅行保険の補償内容→総まとめ
9.楽天カードの限度額は?最高300万円まで増枠可

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2018年10月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノカード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 Yahoo! JAPANカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ