楽天カード(マスターカード)のメリットは?デメリットもまとめた


楽天カードに入会する場合、あなたはマスターカードVISAJCBの3つの国際ブランドの中から、自分で好きなブランドを1つ選択して申し込みすることができます!

今回の記事は、楽天カードを申込する際にMasterCard(マスターカード)を選択した場合のメリットとデメリットをご紹介させていただきます!

今だけ期間限定キャンペーン中!楽天カードの申込&入会でポイントがこんなにもらえる!お申し込みはここをクリック↓

楽天カードをマスターカードで申込むメリット

楽天カード(マスターカード)を申し込みする最大のメリットは、国内・国外問わず!楽天カード(MasterCard)で支払いができるという点だ。

マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo.2の国際ブランド。海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば楽天カード(マスターカード)で支払いできることが多い。

マスターカードは世界シェアNo.2の国際ブランド

クレジットカードなんだから世界中で使えて当たり前じゃん!と思うかもしれないが、選ぶ国際ブランドによって加盟店数…つまりその国際ブランドのクレジットカードを使えるお店の数に天と地の差があるのだ。

例えば日本発の国際ブランドであるJCBは、もちろん日本国内ではクレジットカードとして普通に使える。ただし海外、日本人のよく行く観光地以外では、JCBは…そもそもクレジットカードとして扱ってもらえなかったりする。

それはJCBが世界シェアで言えば5位…パーセントにすれば2.8%のシェアにすぎないからだ。

その点、楽天カード(マスターカード)であれば世界シェアNo.2のネットワークが地球上に張り巡らされているから安心して海外旅行にも持っていける。

楽天カード(マスターカード)なら使えます

すでに世界シェアNo.1のVISAのクレジットカードを持っているのであれば、楽天カードを世界シェアNo.2のマスターカードで入会するのは賢い選択だ。

なぜなら手持ちのクレジットカードの国際ブランドを分散することで、国際ブランドが原因でクレジットカードの利用を断られるリスクを極限まで低くできるからだ。

ちなみに日本国で楽天カードを使う場合は正直、マスターカード、VISA、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらない。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られる程度。

楽天カードをマスターカードで申込むデメリット

しかし楽天カード(マスターカード)に長所があれば、当然、短所もある!

楽天カード(マスターカード)の最大の短所、それは電子マネーのnanacoチャージができないこと。

nanacoチャージができるのは楽天カードの3つの国際ブランド…MasterCard、VISA、JCBの中で唯一、楽天カード(JCB)だけなのだ。

nanacoのチャージ&ポイントの可否
国際ブランド チャージ ポイント付与
mastercard × ×
VISA × ×
JCB

楽天カード(JCB)だけがnanacoチャージができ、そして100円チャージするごとに1楽天ポイントもらえる特権があるのだ。

楽天カード(JCB)のみnanacoチャージでき、100円チャージするごとに1楽天ポイント付与される

実は、ほとんどのクレジットカードがnanacoチャージができてもポイントは一切もらえない、あるいはnanacoチャージでもらえるポイントは通常の1/2だけ…など激減することが多いのだ。

その中でnanacoチャージでも通常通り1%を楽天ポイントとして還元してくれる楽天カード(JCB)は、すごくお得なクレジットカードなのだ。

でも楽天カード(JCB)でnanacoチャージができたとしても私はセブンイレブンのヘビーユーザーじゃないよ。チャージしたnanacoはどうするのさ(・◇・)?

それは本来はクレジットカード払いできない…例えば市町村の水道料金、国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金税金などが、ご近所のセブンイレブンに行けばnanacoで支払いできちゃうんです!※ただしお住いの都道府県・市町村によって異なる

つまりnanacoで公共料金税金を支払った後には、楽天カード(JCB)でnanacoチャージする際にもらえた還元率1パーセント分の楽天ポイントが手元に残る!ということです。

なお注意してほしいのはセブンイレブンで買い物をしてnanacoで支払えば、お買い物100円支払いにつきnanacoポイントが1ポイントもらえる。しかしセブンイレブンで税金等をnanacoで支払ってもnanacoポイントはもらえない、対象外になるということだ。

nanacoで支払えばnanacoポイントはつく?
種類 nanacoポイント
お買い物
税金等 つか×ない

ここまで読んで下さったあなたは今、ひょっとすると楽天カードをマスターカードとJCBどちらで申し込みするかで悩んでしまっているかもしれない。

しかし答えはシンプルだ。1年間に何度も海外旅行に行くのであれば、海外に強い楽天カード(マスターカード)を申し込みすればよい。そうでないなら市町村の水道料金、国民健康保険料(税)、自動車税など税金や公共料金で支払った金額の1パーセント分が楽天ポイントになって戻ってくる楽天カード(JCB)に入会すればよい。

今だけ期間限定キャンペーン中!楽天カードの申込&入会でポイントがこんなにもらえる!お申し込みはここをクリック↓

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
楽天カード(VISA)のメリットは?デメリットも
楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
楽天カード(マスターカード)のメリットまとめ

~楽天カードの詳細&審査~
1.楽天カードの審査落ちを防ぐ7つの裏技【完全版】
2.楽天カードの限度額は?最高300万円まで増枠可
3.楽天カードのETCカード年会費540円を無料にする
4.楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
5.楽天カードの海外旅行保険の補償内容→総まとめ
6.楽天カードは傷害保険が無料!交通事故入院保障

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


このページの先頭へ