楽天カード(マスターカード)のメリットは?デメリットもまとめた


楽天カードのマスターカードのメリットは?

楽天カードに入会する場合、あなたはマスターカードVISAJCBの3つの国際ブランドの中から、自分で好きなブランドを1つ選択して申し込みすることができます!

今回の記事は、楽天カードを申込する際にマスターカードを選択した場合のメリットとデメリットをご紹介させていただきます!

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天カードの入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをタップ▲

楽天カードをマスターカードで申込むメリット

楽天カード(マスターカード)を申し込みするメリットは、国内・国外問わず!楽天カード(MasterCard)で支払いができるという点だ。

しかも!海外でのショッピング手数料がVISAよりもマスターカードのほうが安いことが多いんです!

マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo.2の国際ブランド。海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば楽天カード(マスターカード)で支払いできることが多い。

マスターカードは世界シェアNo.2の国際ブランド

クレジットカードなんだから世界中で使えて当たり前じゃん!と思うかもしれないが、選ぶ国際ブランドによって加盟店数…つまりその国際ブランドのクレジットカードを使えるお店の数に天と地の差があるのだ。

例えば日本発の国際ブランドであるJCBは、もちろん日本国内ではクレジットカードとして普通に使える。ただし海外、日本人のよく行く観光地以外では、JCBは…そもそもクレジットカードとして扱ってもらえなかったりする。

それはJCBが世界シェアで言えば5位…パーセントにすれば2.8%のシェアにすぎないからだ。

その点、楽天カード(マスターカード)であれば世界シェアNo.2のネットワークが地球上に張り巡らされているから安心して海外旅行にも持っていける。

楽天カード(マスターカード)なら使えます

さらに楽天カード(マスターカード)の隠れた長所は、海外でショッピングした際の換算レートがVISAより安いことが多いんです!

換算レートは、カード会社の決める海外ショッピングの海外事務手数料と、国際ブランドが決める基準レートの掛け算で決まります。式は以下の通りです。

換算レート=(1+カード会社の海外事務手数料)×国際ブランドの基準レート

まずは楽天カードを発行する楽天カード株式会社が決めた海外事務手数料でマスターカードとVISAを比較してみましょう。※1

楽天カード
海外ショッピング外貨利用手数料
マスターカード VISA
手数料% 1.63% 1.63%

マスターカードもVISAも同じ1.63%ですので海外事務手数料では優劣はありません

では次に国際ブランドごとに決まる基準レートを見てみましょう。※2

基準レートは毎日変動しますし通貨によっても違うんです。ですので代表例として基軸通貨であるアメリカのドルと円、世界通貨のユーロと円、2018年1月1日時点で比較してみます。

2018年1月1日時点
国際ブランドの基準レート
マスターカード VISA
ドル$ 112円90銭 112円97銭
ユーロE 135円36銭 135円50銭

今度はマスターカードとVISAで差が出ました。ご覧のようにドルもユーロもマスターカードの基準レートのほうが安いんです!

でも基準レートは確かにVISAよりマスターカードのほうが安いけど…たった数十銭しか違わないよ(・◇・)?

そうです。でも、海外旅行に行った時を思い出してみて下さい。海外旅行って移動するにしろ、食事するにしろ、買い物するにしろ何かにつけてお金が出ていきますよね。

そして日本に帰ってきてクレジットカード会社からの明細を見たら、思っていた以上に高額になった経験…今までありませんでしたか?

この基準レートのたった数十銭の違いが…長い目で見ると大きな差になります。

つまり海外でのショッピングで一番お得に買い物できるのは多くの場合VISA…ではなく、実は楽天カード(マスターカード)なんです!

ちなみに日本国で楽天カードを使う場合は正直、マスターカード、VISA、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらない。たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られる程度。

楽天カードをマスターカードで申込むメリット2

さらに楽天カードのマスターカードなら、カードのデザインを通常デザインの他、3種類の限定デザインからも選べることです!

1.通常デザイン

楽天カードのマスターカードの通常デザイン

2.お買い物パンダデザイン

楽天カードのマスターカードのお買い物パンダデザイン

3.FCバルセロナデザイン

楽天カードのFCバルセロナデザイン

4.楽天イーグルスデザイン

楽天カードの楽天イーグルスデザイン

ちなみに楽天カードのJCBも、これらの限定デザインでの申し込みができます!

なお楽天カードのJCBは、これらの限定デザインに加えて第5のデザインである楽天カードのディズニー・デザインも申し込みできます。

5.ディズニー・デザイン

楽天カードのJCBのディズニー・デザイン

ただし楽天カードのVISAは、通常デザインの1種類しか選択できません!

楽天カードをマスターカードで申込むデメリット

しかし楽天カード(マスターカード)に長所があれば、当然、短所もあった!

短所もあった!…過去形ってことは今はもう気にしなくていいの(・◇・)?

はい。ただ、知っておいたほうが良いと思うのでこれから詳しく解説しますね。

楽天カード(マスターカード)の最大の短所、それは電子マネーのnanacoチャージができないことでした。

今もそうですがnanacoチャージができるのは楽天カードの3つの国際ブランド…MasterCard、VISA、JCBの中で唯一、楽天カード(JCB)だけなんです。

nanacoのチャージ&ポイントの可否
国際ブランド チャージ ポイント付与
MasterCard × ×
VISA × ×
JCB ×

そして2017年10月31日までは楽天カード(JCB)だけがnanacoチャージができ、しかも100円チャージするごとに1楽天ポイントもらえる特権があったんです。

しかし2017年11月1日からは楽天カード(JCB)でnanacoチャージしても肝心の楽天ポイント付与が対象外になりました。
楽天カード(JCB)限定でnanacoチャージできるが、楽天ポイントは1ポイントも付かない

楽天カード(JCB)でnanacoチャージすれば100円につき1楽天ポイントもらえていた時代もあったんです。

でも楽天カード(JCB)でnanacoチャージができて、しかも楽天ポイントがもらえた時代があったとしても私はセブンイレブンのヘビーユーザーじゃないよ。チャージしたnanacoはどうするのさ、その特権…全然うらやましくないよ(・◇・)?

それは本来はクレジットカード払いできない…例えば市町村の水道料金、国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金税金などが、ご近所のセブンイレブンに行けばnanacoで支払いできちゃったんです!※ただしお住いの都道府県・市町村によって異なる

つまりnanacoで公共料金税金を支払った後には、楽天カード(JCB)でnanacoチャージする際にもらえた還元率1パーセント分の楽天ポイントが手元に残った!ということです。

なお注意してほしいのはセブンイレブンで買い物をしてnanacoで支払えば、お買い物100円支払いにつきnanacoポイントが1ポイントもらえる。しかしセブンイレブンで税金等をnanacoで支払ってもnanacoポイントはもらえない、当時から対象外でした。

nanacoで支払えばnanacoポイントはつく?
種類 nanacoポイント
お買い物
税金等 つか×ない

しかし、すでに楽天カード(JCB)でnanacoチャージした際に100円につき1楽天ポイントもらっているから還元率は1%です!

このように楽天カード(JCB)を作ると、本来はクレジットカード払いできない公共料金や税金の支払いをnanacoで支払いすることで事実上クレジットカード払いできる裏技が使えたんです。

必ず定期的に支払わなければならない上に、高額になることもある税金や公共料金の1%が楽天ポイントになって帰ってくる!この違いは、長い目で見ると大きいかったわけです!

でも2017年11月1日からは楽天カード(JCB)でnanacoチャージしても肝心の楽天ポイント付与が対象外になってしまったんです。

じゃあ、もうnanacoで税金や公共料金を支払ってポイントをもらう裏技は使えないんだね?(ToT)

いいえ。実はリクルートカードを使えば、この裏技はまだ使えます。しかも還元率は1.2%とさらにたくさんポイントがもらえます。詳しくはリクルートカードでnanacoチャージ→驚異のポイント還元率1.2%の真相をご覧下さい。

話を戻します。このように今は楽天カード(JCB)での特権が廃止されてしまいました。

ですから結論はシンプル。あなたが海外にも国内にも強い楽天カード(マスターカード)の申し込みを検討しているなら、それが正解です!

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天カードの入会&利用でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをタップ▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
楽天カード(VISA)のメリットは?デメリットも
楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
楽天カード(マスターカード)のメリットまとめ

~楽天カードの詳細&審査~
1.楽天カードの審査のコツ→7つの裏技とは?
2.楽天カード(VISA)のメリットは?デメリットも
3.楽天カード(マスターカード)のメリットまとめ
4.楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
5.楽天カードの限度額は?最高300万円まで増枠可
6.楽天カードのETCカード年会費540円を無料にする
7.楽天カードのキャッシングとは?デメリットも有
8.楽天カードの海外旅行保険の補償内容→総まとめ
9.楽天カードのキャンペーン→エントリーすべき3つ

※1https://www.rakuten-card.co.jp/guide/foreign-countries/#menu2-1
※2https://usa.visa.com/support/consumer/travel-support/exchange-rate-calculator.html
※2https://www.mastercard.us/en-us/consumers/get-support/convert-currency.html

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2018年5月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード 三井住友ゴールドカード
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード ダイナースクラブカード
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノカード
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 Yahoo! JAPANカード
3位

このページの先頭へ