楽天カードの海外旅行保険の補償内容すべてがわかる!総まとめ


楽天カードの海外旅行保険すべて
■楽天カードの海外旅行保険とは?

楽天カードの海外旅行傷害保険(利用付帯)には6つの補償が付いてきます!

6つの補償をあなたが実際に請求する可能性が高いと思われる順番にご紹介すると…
携行品損害
疾病(病気)治療費用
傷害(ケガ)治療費用
救援者費用
賠償責任
(傷害)死亡後遺障害

それぞれ補償される場合を超簡単に説明します。※1

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天カードの申込&入会でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをクリック▲

携行品損害-まず携行品とは、あなたが海外旅行に持って行って身の回りで使う物(自己所有)のことです。その携行品が盗難や破損、火災などの偶然の事故によって損害を受けた場合に、携行品1つあたり10万円を限度として時価or修繕費を保険会社から支払ってもらえるというものです。ただし免責金額の3000円は自己負担となります。

疾病(病気)治療費用-あなたが海外旅行中に病気になって医師の治療を受け治療費用を支払った場合に、その実際にかかった治療費用を200万円を限度として保険会社から支払ってもらえるというものです。

傷害(ケガ)治療費用-あなたが海外旅行中に事故によりケガを負って医師の治療を受け治療費用を支払った場合に、その実際にかかった治療費用を200万円を限度として保険会社から支払ってもらえるというものです。

救援者費用-あなたが海外旅行中に遭難したり、ケガや病気で7日以上継続入院した場合に、捜索や救助のために支払った費用や、あなたの家族が現地に駆けつけるために支払った航空運賃やホテル代を楽天カードの会員資格期間中1年ごとに通算200万円を限度として保険会社から支払ってもらえるというものです。

賠償責任-あなたが海外旅行中に誤って他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったり、海外のホテルでお風呂の水を出しっぱなしにして床を水浸しにしてしまったりなど…あなたが法律上の損害賠償責任を負って支払った賠償金を、1回の事故につき2000万円を限度として保険会社から支払ってもらえるというものです。

(傷害)死亡後遺障害-あなたが海外旅行中に遭遇した事故によるケガのため命を落としてしまったり、命はとりとめたものの後遺障害が残ってしまった場合に、あなたの生命や障害の状態に応じて最高2000万円を保険会社から支払ってもらえるというものです。

それぞれの補償で保険会社がお支払いできる保険金の限度額は下記となります。

楽天カードの海外旅行保険(利用付帯)
補償内容 保険金額(最高)
携行品損害 20万円
傷害(ケガ)治療費用 200万円
疾病(病気)治療費用 200万円
救護者費用 200万円
賠償責任 2000万円
(傷害)死亡後遺障害 2000万円
今だけ期間限定キャンペーン中
楽天カードの申込&入会でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをクリック▲

※なお楽天カードで無料加入できる交通事故入院保障については楽天カードは保険に無料加入!交通事故入院保障をご覧下さい。

■海外旅行保険の補償期間とは?

楽天カードの海外旅行傷害保険が付帯適用される補償期間は、あなたが日本を出発して海外旅行に行き、その後、日本に帰国した翌日の午後12時までです。

ただし補償期間は最長でも日本出国から3ヶ月後の午後12時までとなっていますので長期間の海外旅行をする場合には注意が必要です。

例えば8月30日に日本を出国した場合、補償期間の最長でも11月30日の午後12時までです。それ以降の期間は海外旅行保険の補償対象外となります。

■海外旅行保険の付帯条件とは?

「海外旅行傷害保険ガイド」には、付帯条件が下記のように記載されています。※2

楽天カードは利用付帯
「楽天カードは、日本を出国する以前に公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヵ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。」

楽天カードの海外旅行保険は利用付帯。つまり今回の『海外旅行の費用』を楽天カードを利用して支払った場合にだけ、海外旅行保険が付帯適用されることになります。

さらに注意が必要なのは日本を出国前『海外旅行の費用』を楽天カードで支払うことが必要です。つまり海外に行ってから『海外旅行の費用』を楽天カードで払っても海外旅行保険は適用されません。

『海外旅行の費用』とは?
公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。」

今までわかりやすくするために『海外旅行の費用』と抽象的に書いてきましたが…具体的には公共交通乗用具の料金か募集型企画旅行の料金のどちらかを必ず楽天カードで支払う必要があります。

まずは楽天カード株式会社の言う公共交通乗用具の定義を見てみましょう。

公共交通乗用具とは?
「航空法、鉄道事業法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運用される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどをいいます。(当該旅行のために乗用するものに限ります)」

公共交通乗用具とは、電車や路線バスなど一般的な公共交通機関…誰もが利用でき、定期的に運航している公共の乗り物をイメージしていただければ大丈夫です。

つまり公共の乗り物と言えない、自家用車やレンタカー代はダメですし。バスのチャーター(貸し切り)も公共の乗り物とは言えないのでダメです。

ただし楽天カードの場合は、タクシーは公共交通乗用具としてあつかってくれています。

これらの公共交通乗用具の運賃の一部でも楽天カードで支払えば海外旅行保険は付帯適用されます。もちろん公共交通乗用具の運賃の一部だけでなく全部を楽天カードで支払っても大丈夫です。

続いて募集型企画旅行の定義を見てみましょう。

募集型企画旅行とは?
「旅行会社が旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地及び日程、旅行者が提供を受けることができる運送又は宿泊のサービス内容並びに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行をいいます。」

難しく定義されていますが、楽天カードの言う募集型企画旅行とは、よく旅行会社がパンフレットなんか作って一般募集している海外旅行のパッケージツアー・パック旅行をイメージしていただければ大丈夫です。

注意してほしいのは海外旅行のパッケージツアー・パック旅行のパックの中身には、公共交通乗用具の料金…例えば海外へ渡航するための飛行機代も含まれている必要があります。

逆を言えば海外現地オプショナルツアーの料金だけを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付きません。

なお海外旅行のパッケージツアー・パック旅行の料金の全額を楽天カードで払わなくても大丈夫で、海外旅行のパッケージツアー・パック旅行の代金の一部を楽天カードで支払った場合にも海外旅行保険が付帯適用されます。

混乱しやすいと思うので楽天カードにおける公共交通乗用具募集型企画旅行に該当する乗り物や事例なのか?を一覧表にしてみました。

▼楽天カードで支払えば海外旅行保険が付帯適用される!
支払い対象
海外旅行パッケージツアー・パック旅行代
航空券・飛行機チケット代
燃油サーチャージ代
航空機の座席のアップグレード代
電車賃・新幹線チケット代
バス運賃・高速バスチケット代
電車やバスの回数券、プリペイドカード代
船運賃
タクシー代

海外旅行に行くために上記の運賃の一部…例えば数百円でも楽天カードで支払えば、海外旅行保険が付帯適用されます。

海外旅行パッケージツアー・パック旅行代-海外旅行パッケージツアー・パック旅行代に航空券など公共交通乗用具の運賃も含まれていれば、パック旅行代の一部でも楽天カードで支払えば海外旅行保険が付帯適用されます。気を付けてほしいのは海外現地オプショナルツアーの料金のみを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付かないことです。

航空券・飛行機チケット代-航空券・飛行機チケット代は公共交通乗用具の料金に該当しますので、この料金の一部でも楽天カードで支払えば海外旅行保険が付帯適用されます。

燃油サーチャージ代-燃油サーチャージ代も公共交通乗用具の料金に該当しますので、これを楽天カードで支払えば海外保険が付帯適用されます。

航空機の座席のアップグレード代-航空機の座席のアップグレード代も公共交通乗用具の料金に該当しますので、これを楽天カードで支払えば海外旅行保険が付帯適用されます。

電車賃・新幹線チケット代-電車賃や新幹線チケット代、電車に乗るための回数券やプリペイドカード代も、もちろん公共交通乗用具の料金に該当しますので、これを楽天カードで支払えば海外旅行保険が付帯適用されます。例えば海外旅行に行くため日暮里駅から成田空港に向かう「京成スカイライナー」のチケット代を楽天カードで払えば海外旅行保険が付帯適用されます。ただし新幹線や電車の運賃を支払う際に気を付けてほしいのはSuicaやICOCAなどの電子マネー経由で支払ってしまうと海外旅行保険は付かないことです。必ず楽天カードで直接、支払いをおこなって下さい。

バス運賃・高速バスチケット代-バス運賃や高速バスチケット代、バスに乗るための回数券やプリペイドカード代も公共交通乗用具の料金に該当しますので、これを楽天カードで支払えば海外旅行保険が付帯適用されます。例えば海外旅行に行くため東京駅から成田空港に向かうリムジンバス(東京空港交通株式会社)の運賃を楽天カードで払えば海外旅行保険が付帯適用されます。なおバスの運賃を支払う際に気を付けてほしいのはPASMOなどの電子マネー経由で支払うと支払ってしまうと海外旅行保険は付かないことです。必ず楽天カードで直接、支払いをおこなって下さい。

タクシー代-タクシー代も公共交通乗用具の料金に該当しますので、この料金の一部でも楽天カードで支払えば海外旅行保険が付帯適用されます。ただしジャンボタクシーを自分でチャーター(貸し切り)してしまったら、もはや公共の乗り物とは言えませんのでジャンボタクシーのチャーター代を楽天カードで支払ってもダメで海外旅行保険は付帯適用されません。ですから普通のタクシーに乗って下さい。

今度は、楽天カードで支払っても海外旅行保険が適用されない、ダメなケースも見ておきましょう。

▼楽天カードで払っても海外旅行保険が適用されない!
支払い対象
× 海外現地オプショナルツアー代
× 出国前の国内宿泊ホテル代
× 海外での公共交通機関の運賃
× 空港などの駐車場料金
× 空港利用税
× 航空券の発券手数料
× バスのチャーター(貸し切り)代
× ジャンボタクシーのチャーター代
× 鉄道・バス系などの電子マネーでの支払い
× レンタカー代
× 高速道路料金(ETCの料金も含む)
× 自家用車などのガソリン代

×出発前の国内宿泊ホテル代-ホテル代は公共の乗り物の運賃じゃないので、これを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

×海外での公共交通機関の運賃-楽天カードは出国前公共交通乗用具の運賃か募集型企画旅行の料金の支払いが必要な利用付帯の海外旅行保険でした。

つまり海外に到着してから楽天カードで公共交通機関の運賃を支払っても時すでに遅し!海外旅行保険は付帯適用されません。

×空港などの駐車場料金-駐車場代も公共の乗り物の運賃じゃないので、これを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

×空港利用税-空港利用税も公共の乗り物の運賃じゃないので、これを楽天カードで支払っても海外保険は付帯適用されません。

×航空券の発券手数料-航空券の発券手数料のみを楽天カードで支払っても、手数料は公共の乗り物の運賃じゃないですよね?だから楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

×バスのチャーター(貸し切り)代-バスを自分でチャーター(借り切り)してしまったら、もはや公共の乗り物とは言えませんので、これを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

×ジャンボタクシーのチャーター代-ジャンボタクシーを自分でチャーター(借り切り)してしまったら、やはり公共の乗り物とは言えませんので、これを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

×鉄道・バス系などの電子マネーでの支払い-電子マネーが今のように普及する前は、鉄道・バス系などの電子マネーでの支払いはグレーゾーン…つまり公共の乗り物の運賃に該当する可能性があったのですが、今や電子マネーさえあればデパートやコンビニなどあらゆるお店で買い物できる時代に。つまり鉄道やバスの運賃を電子マネーで支払いをするため楽天カードで電子マネーにチャージしたとしても、公共の乗り物の運賃を支払ったとは言えないので海外旅行保険は付帯適用されません。

×レンタカー代-レンタカー代も公共の乗り物の運賃じゃないですよね?つまりこれを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

×高速道路料金(ETCの料金も含む)-高速道路料金(ETCの料金も含む)も公共の乗り物の運賃じゃないので、これを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

×自家用車などのガソリン代-ガソリン代も公共の乗り物の運賃じゃないですよね?だから楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

×飛行機のチャーター代-自分で飛行機をチャーター(貸し切り)してしまったら、もはや公共の乗り物とは言えませんので、これを楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。

例えば2014年にプロ野球の楽天からニューヨークヤンキースへ移籍した田中将大投手。本来ならニューヨークへと旅立つ予定の2014年2月9日…関東地方を歴史的な大雪が襲いました。当然、成田空港発ニューヨーク行きの定期便は欠航に。絶体絶命のピンチ!

し、しかしっ!ピンチに強い男、田中将大投手は日本航空のボーイング787型機を貸し切ってチャーター機に乗り、成田空港から新天地ニューヨークへと向かったのでした。
チャーターしたJALの飛行機
ちなみに飛行機のチャーター代は2000万円程度だったようです(^。^;)

話を戻して、飛行機を自分でチャーター(貸し切り)してしまったら、もはや公共の乗り物とは言えませんので、この2000万円を田中将大投手が楽天カードで支払っても海外旅行保険は付帯適用されません。※3

以上、楽天カードの海外旅行傷害保険について詳しく解説させていただきましたが、あなたが海外旅行に出発する数日前に楽天カード保険デスクに電話して、海外旅行に関する費用の何を楽天カードで支払いする予定か?をオペレーターに伝え、それを楽天カードで支払った場合に海外旅行保険は付帯適用されるか?を電話で必ず確認しておきましょう。

■楽天カード保険デスク電話番号(三井住友海上)
TEL0120-456-029(年中無休・24時間対応)

※1海外旅行保険のイメージを理解していただくことを優先して、補償対象外や例外規定を省略して説明しました。必ず詳しい補償内容を楽天カード入会時などに同封されています「海外旅行傷害保険ガイド」にてご一読、ご確認下さい。
※2http://www.rakuten-card.co.jp/service/insurance/
※3http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/02/10/kiji/K20140210007556700.html

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~楽天カードの詳細&審査~
1.楽天カードの審査のコツ→7つの裏技とは?
2.楽天カードの限度額は?最高300万円まで増枠可
3.楽天カードのETCカード年会費540円を無料にする
4.楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
5.楽天カードの海外旅行保険の補償内容→総まとめ
6.楽天カードは傷害保険が無料!交通事故入院保障

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


このページの先頭へ