SCカードのキャッシングとは?メリット&デメリットも総まとめ


SCカードのキャッシングのメリット&デメリットは?

SCカードのキャッシングとは?

SCカードは、無担保!しかし高金利で山陰信販株式会社からお金を借りること…いわゆるキャッシングも可能です。

もちろんSCカードで、お買い物の支払いができるショッピングもできます。

SCカードでお金を借りるキャッシングの利用限度額は、SCカード入会時に最低0万円~最高20万円の範囲内で原則、自分で決めることができます。

SCカード入会時の限度額
限度額の種類 限度額の範囲 限度額決定権
キャッシング 0~20万円 原則あなた
ショッピング 10~50万円 山陰信販

ただし、あなたの収入の状況によっては希望したキャッシングの限度額より低くなることもありますし、場合によっては最低0万円つまりキャッシング枠0円となる場合もあります。

と、言うかSCカードのキャッシング枠をあえて自分から0円で申請して…キャッシング自体できないようにしている人も多いと思います。

なぜならキャッシングは、クレジットカードに自動付帯している盗難保険の対象外だからです。

盗難によるクレジットカードの不正利用で、キャッシングされたとしても…利息も含めて全額返済しなければなりません。

ですからSCカードのキャッシング枠をあえて0円にするのは賢い方法です。

スポンサードリンク

それから先ほどSCカードのキャッシングの利用限度額は、SCカード入会時に最低0万円~最高20万円の範囲内で原則、自分で決めることができますと私は話しましたが、選択肢としては下記の3つの中から、どれか1つを必ず選択しなくてはなりません。

▼キャッシング枠の『限度額』の選択肢は3つ!
10万円
20万円
希望しない

それからSCカード入会はキャッシング枠の増枠や減枠を山陰信販株式会社に申請することができます。

SCカードキャッシング枠の増枠や減枠はコールセンターに電話して申請します。

▼山陰信販コンタクトセンター電話番号
TEL0859-32-7331
オペレーターの受付は朝9:30~夕方6:00
(但し土日祝日は休み)

ただキャッシング枠の増枠には当然、審査がありますので審査で落ちる場合もあります。

それに対してキャッシング枠の減額…つまりキャッシングの限度額を減らすのは審査もありません。

海外でのキャッシングは意外と便利

まずSCカードの海外キャッシングは最高でも10万円までしか利用できませんので注意が必要です。

例えSCカードのキャッシング枠が20万円の方であっても海外キャッシングは10万円までです。

ちなみにSCカードの申し込み時のキャッシング枠で10万円を選択する人もいます。特に海外旅行に頻繁に行く人に多いです。

どうしてSCカードのキャッシング枠で10万円にしているのでしょうか?

それは海外旅行に行った際、もちろん都市部はクレジットカード…SCカードで支払いできる場合もあります。

しかし海外旅行で地方へ向かうと、そもそもクレジットカードが使えない、現地通貨しか使用できないという場面に出くわすことも少なくありません。
東南アジアの地方都市の市場。現地通貨しか使えない
そうなった時に備えて、空港などで事前に現地通貨を手に入れるため両替する人も多いと思います。しかし、この時の両替手数料が高いケースもあるわけです。

国によりますが、かえってSCカードのキャッシングを使って海外旅行先で現地通貨を引き出したほうが安くつく場合もあります。
SCカードのキャッシングで現地通貨を手に入れる
もちろん両替と海外キャッシングのどっちがお得か?は国や地域、両替するお店、時期によって変わります。両替したほうがお得なケースも多いと思います。

でも海外旅行に頻繁に行く人は、SCカードのキャッシングを海外で緊急時も使える現地通貨獲得の非常手段の1つとして考えているんですね。それであえてSCカードのキャッシング枠を10万円で設定しているのです。

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~SCカードの詳細&審査~
1.SCカードのETCカード→発行手数料も無料!
2.SCカードの限度額は?最高50万円超まで増枠可
3.SCカードのキャッシングとは?メリットまとめ
4.SCカードをJCBで作るメリットは?デメリットも有
5.SCカードをVISAで作るメリットは?デメリットも
6.SCカードはnanacoチャージOK→誕生月最大5%オフ
7.SCカードはKyashチャージOK→誕生月最大5%オフ

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年9月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 ヤフーカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ