SCカードの年会費→元を取る損益分岐点いくら使えば?


SCカードの年会費の元を取る損益分岐点は?

あなたの誕生月に最大5%オフになる超高還元率のSCカード。唯一の欠点は年会費。実はSCカードは年会費が950円(税抜)かかります。

つまり消費税も含めるとSCカードの年会費は1045円

では、このSCカードの年会費1045円(税込)の元を取るにはいくら使えばいいのか?

スポンサードリンク

まずSCカードに入会した初年度は、年会費を気にすることなくSCカードを使うことができます。

なせならSCカードの新規入会特典として、初年度の年会費が無料になるから

ですからSCカードの入会1年目は、年会費を負担することなく誕生月に最大5%オフの特典を味わうことができます(^。^;)

誕生月の割引率は?

SCカードの誕生月の割引率は、あなたが自分の誕生月以外の11か月にショッピングで利用した合計金額によって割引率が決定されます。具体的には…

SCカードで誕生月以外の11か月にショッピングで合計0円以上利用すれば、誕生月は1%オフ

つまり誕生月以外の11か月でSCカードを使って1回もショッピングしていなかったとしても誕生月は1%オフとなります(^。^;)

SCカードで誕生月以外の11か月にショッピングで合計10万円以上利用すれば、誕生月は3%オフ

SCカードで誕生月以外の11か月にショッピングで合計30万円以上利用すれば、誕生月は5%オフ

SCカードの割引率は?
誕生月以外の合計利用額 割引率
30万円以上 5%オフ
10万円以上 3%オフ
0円以上 1%オフ

まず誕生月以外の合計利用額が0円~9万9999円しかないと誕生月は1%オフにしかなりません。それなのに年会費は1045円かかりますから還元率は1%を割ってしまいます。

ですからSCカードの誕生月以外の合計利用額が10万円以上になるようにしましょう。そうすれば誕生月は3~5%オフの恩恵を受けることができます!

誕生月にSCカードを14万円以上利用する予定なら3%オフとなる誕生月以外の合計利用額が10万円を目指せばいいです。すると年会費も含めた還元率は1.3%以上になります。

誕生月にSCカードを29万円以上利用する予定なら5%オフとなる誕生月以外の合計利用額が30万円を目指せばいいです。すると年会費も含めた還元率は2.1%以上になります。

SCカードの誕生月還元率の注意点を2つほどご紹介します。

1つ目の注意点は、SCカードは1ヶ月間にSCカードでショッピングした利用金額の合計1000円(税込)につき5わくわくポイントもらえ還元率に直すと0.5%ですがKYASH、nanaco、ANAプリペイドカード、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、JCBプレモカード、au WALLETプリペイドカードへのauかんたん決済チャージなどの電子マネー等のチャージはポイントは一切もらえませんので還元率0%です。※1

もちろん、これらの電子マネーのチャージも誕生月以外の合計利用額に加えてもらえますから、誕生月以外にKYASHで10万円だけチャージして誕生月3%オフを味わうのも可能です。でもKYASHで10万円チャージしてもポイントは1ポイントももらえませんから還元率0%です。

ですから誕生月3%オフを目指すのであれば普通にSCカードで買い物して誕生月以外の合計利用額10万円以上を目指したほうがお得です。

…実は電子マネーなどのチャージでもポイントがもらえるケースもありますが、ここに書くとすぐ対象外になってしまうので書けません(^。^;)

それから上記の電子マネーはあくまでポイントがもらえる対象外なだけで、誕生月1~5%オフの対象外ではありません。ですので、あなたの誕生月は電子マネーなどのチャージをして誕生月1~5%オフを味わってOKです。

2つ目の注意点は、あなたのSCカードの限度額を今一度…確認してみて下さい。

と言うのは、詳しくはSCカードの限度額に書きましたが、SCカードを発行している山陰信販株式会社は限度額の審査がシビアで限度額が低い傾向があります。

そして誕生月にSCカードの限度額の利用可能額を全部使ってしまうと、当たり前ですがSCカードは次の銀行口座からの引き落としが完了するまで使えなくなってしまいます。

ですからSCカードの限度額が低い方は、誕生月の前の月はSCカードを極力使わずに誕生月のためにとっておく方もいます。

あと先ほど私は…。

誕生月にSCカードを14万円以上利用する予定なら3%オフとなる誕生月以外の合計利用額が10万円を目指せばいいです。すると年会費も含めた還元率は1.3%以上になります。

と言いましたが、もし、あなたのSCカードの限度額が10万円だったら?

そもそもSCカードを14万円以上利用することはできないです。誕生月の前月にまったく利用せずSCカードの利用可能額を全部空けたとしても限度額の10万円までしか利用できません。

同じように、もし、あなたのSCカードの限度額が20万円だったら?

誕生月にSCカードを29万円以上利用する予定なら5%オフとなる誕生月以外の合計利用額が30万円を目指せばいいです。すると年会費も含めた還元率は2.1%以上になります。

しかし誕生月の前月にまったく利用せずSCカードの利用可能額を全部空けたとしても限度額の20万円までしか利用できません。

このようにSCカードは、あなたの限度額によって誕生月の還元率の上限が事実上決まってしまいます!ですから自分のSCカードの限度額をきちんと憶えて誕生月は計画的に利用しましょう。

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~SCカードの詳細&審査~
1.SCカードのETCカード→発行手数料も無料!
2.SCカードの限度額は?最高50万円超まで増枠可
3.SCカードのキャッシングとは?メリットまとめ
4.SCカードをJCBで作るメリットは?デメリットも有
5.SCカードをVISAで作るメリットは?デメリットも
6.SCカードはnanacoチャージOK→誕生月最大5%オフ
7.SCカードはKyashチャージOK→誕生月最大5%オフ
8.SCカードのキャンペーンは?総まとめ
9.SCカードの年会費→元を取る損益分岐点は?

※1https://www.san-inshinpan.co.jp/contents/merit/index.html
※1https://www.san-inshinpan.co.jp/smartphone/contents/info/info20180831.html

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年12月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 セブンカード・プラス
3位 ヤフーカード

このページの先頭へ