楽天カードのブランド→どの国際ブランドを選択するのがベスト?


楽天カードのブランドは3つの中でどれがベスト?

楽天カードはVISAJCBマスターカードの3つの国際ブランドの中から、自分の好きなブランドを1つ選択して申し込みすることができます!

楽天カードで選べるブランドは?
6大国際ブランド
VISA JCB mastercard
アメックス ダイナース 銀聯
× × ×

では、この3つのブランドの中で…どの楽天カードを選択するのが一番お得なのか?

楽天カードのブランドJCBVISAマスターカードの違いや、それぞれの国際ブランドを選択した場合の長所と短所を1つ1つ詳しく見ていきましょう!

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天カードの申込&入会でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをクリック▲




楽天カードでJCBブランドを選択するメリット

まず楽天カードでJCBブランドを選択するメリットを見てみましょう。

楽天カードでJCBブランドを選択する最大のメリットは、電子マネーnanaco(ナナコ)のチャージができ、しかも楽天ポイントも通常通り満額もらえることです!
楽天カードはJCBブランドのみnanacoチャージができる

楽天カードを他のブランド…VISAやマスターカードを選択した場合、そもそもnanacoチャージ自体ができない。

nanacoのチャージ&ポイントの可否
国際ブランド チャージ ポイント付与
JCB
VISA × ×
mastercard × ×

なお他のクレジットカード会社の中には、nanacoチャージ自体はできるがポイントはまったくつかない、nanacoのチャージ自体はできるがポイントは通常の1/2しかもらえない、などクレジットカードの還元率が激減してしまうカードがほとんどなので注意しよう。

しかし楽天カードでJCBブランドを選択すれば通常通り、nanacoチャージ100円につき1楽天ポイントもらえます。

つまりJCBブランドの楽天カードは、nanacoチャージで還元率1%ももらえる超貴重なクレジットカードなんです。

そして楽天カード(JCBブランド)でチャージしたnanacoさえあれば、通常はクレジットカード払いができない市町村の水道料金や国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金税金まで最寄りのセブンイレブンに行ってnanacoで支払いができるようになる!※お住いの都道府県・市町村により異なります

もっとも、これらの税金等は、通常nanacoでお買い物した際に100円支払いにつき1ポイントもらえるnanacoポイントについては付かない、対象外です。

nanacoで支払えばnanacoポイントはつく?
種類 nanacoポイント
お買い物
税金等 つか×ない

しかし、すでに楽天カード(JCBブランド)でnanacoチャージした際に100円につき1楽天ポイントもらっているから還元率は1%となります!

このように楽天カードでJCBブランドを選択すると、本来はクレジットカード払いできない公共料金や税金の支払いをnanacoで支払いすることで事実上クレジットカード払いできる裏技が使える!

必ず定期的に支払わなければならない上に、高額になることもある税金や公共料金の1%が楽天ポイントになって帰ってくる!この違いは、長い目で見ると大きいですね。

楽天カードでJCBブランドを選択するデメリット

楽天カードをJCBブランドで作った場合の最大のデメリットは、海外での支払いで使えないケースが多いことです。

JCBブランドのクレジットカードは海外では使える加盟店が少ない

JCBは日本発のクレジットカードの国際ブランド。日本国内では、先ほどご紹介したnanacoチャージでも楽天ポイントが通常通り満額もらえたりなど、他の国際ブランドのVISAやマスターカードよりもお得なケースもあります。

しかし日本発のブランドゆえに、海外では加盟店も少なく、あまり普及していません。つまり海外でJCBブランドの楽天カードで支払いしようと店員に渡しても「残念ですが…このクレジットカードは当店ではご利用いただけません」と断られるケースもあることです。

楽天カードでVISAブランドやマスターカードを選択した場合は、こういったケースにはまずお目にかからないです。なぜならクレジットカードが使えることとVISAブランドやマスターカードが使えることは、ほぼイコールだからです。

なお海外旅行で日本人がよく行くメジャーな観光地、例えばハワイやグアム、台湾などでは楽天カード(JCBブランド)でも普通に買い物できる!使えるお店多いので安心して下さい。

むしろJCBブランドのほうがVISAやマスターカードより手厚いサービスを提供している観光地だってあります。
日本人の観光客の多いハワイ
ようは日本人のあまり行かない穴場の海外の観光地に行く場合には、楽天カード(JCBブランド)が使えないケースがあることを知っておいてほしいです。

楽天カードは、どのブランドがベストか?

結論としては日本国内で楽天カードを使うことだけを考えれば…nanacoチャージでもポイントが通常通り満額もらえる楽天カード(JCBブランド)が最強だということです。

つまり海外に家族が住んでいるので年に何度も外国を訪れたり、短期でない留学や海外赴任など長期滞在するケース以外は、楽天カードはJCBブランドを選択するのが一番おすすめです。

楽天カードでVISAブランドを選択するメリット

さて楽天カードを日本国内で利用することを考えるとJCBブランドがベスト!と結論は、すでに言ってしまいましたがVISAブランドの長所と短所もサラッと見てみましょう。

楽天カードのブランドでVISAを選択した場合の最大のメリットは、国内・海外問わず楽天カード(VISA)で支払いができるという点です!

国際ブランドとしてのVISAは、世界シェアNo.1。VISAは自らを『世界通貨』と豪語しているが実際、その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくVISAブランドの楽天カードが使えます。
楽天カード(VISAブランド)ならご利用できます!
もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなく楽天カード(VISAブランド)が使える。日本国内でもVISAブランドがシェアNo.1だからです。

楽天カードでVISAブランドを選択するデメリット

先ほどもお話しましたが、楽天カードでVISAブランドを選択した場合の唯一にして最大の欠点がnanacoチャージができないこと。これは痛い(ToT)

だって、あなたのお住いの都道府県・市町村によって違いますが、楽天カードをJCBブランドで入会すれば、今までは現金で払うしかなかった市町村の水道料金や国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金税金まで最寄りのセブンイレブンに行ってnanacoで支払いができるようになる!

そして、あなたの手元には電子マネーnanaco(ナナコ)のチャージがした際の楽天ポイントが通常通り満額の1パーセントも残るわけです!
楽天カードはJCBブランドのみnanacoチャージができる

ただ楽天カードのnanaco(ナナコ)のチャージについては、VISAブランドが劣っているというよりも…JCBブランドが無理して頑張ってくれている感じなので欠点とまで言うのは、かわいそうなんですがね(^。^;)

楽天カードでマスターカードを選択するメリット

楽天カードの国際ブランドでマスターカードを選択するメリットは、VISAとほぼ一緒です。

楽天カードのブランドをマスターカードに選択する最大のメリットは、国内・国外問わず!楽天カード(MasterCard)で支払いができるという点です。

マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo.2の国際ブランド。海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば楽天カード(マスターカード)で支払いできることが多いです。

マスターカードは世界シェアNo.2のブランド

楽天カードでマスターカードを選択するデメリット

楽天カードの国際ブランドでマスターカードを選択するデメリットもVISAブランドとほぼ一緒。

楽天カードのブランドで、マスターカードを選択するとnanacoチャージができません。

楽天カードのブランドでnanacoチャージができて、楽天ポイントも通常通り満額1パーセントもらえるのはJCBブランドの楽天カード限定です!

nanacoのチャージ&ポイントの可否
国際ブランド チャージ ポイント付与
JCB
VISA × ×
mastercard × ×

楽天カードはJCBブランドのみnanacoチャージができる

楽天カードは、どのブランドを選択して入会するのがベストか?

結論としては日本国内で楽天カードを使うことだけを考えれば…nanacoチャージでもポイントが通常通り満額もらえる楽天カード(JCBブランド)が最強だということです!

今だけ期間限定キャンペーン中
楽天カードの申込&入会でポイントがこんなにもらえる!


▲お申し込みはここをクリック▲

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~楽天カードの詳細&審査~
1.楽天カードの審査落ちを防ぐ7つの裏技【完全版】
2.楽天カードの限度額は?最高300万円まで増枠可
3.楽天カードのETCカード年会費540円を無料にする
4.楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
5.楽天カードの海外旅行保険の補償内容→総まとめ
6.楽天カードは傷害保険が無料!交通事故入院保障

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


このページの先頭へ