SCカードをマスターカードで作るメリットは?デメリットも総まとめ


SCカードのマスターカードのメリットは?

SCカードの国際ブランドは残念ながらマスターカードを選べません。SCカードはVISAJCBのみです。

SCカード
選べるブランドは?
6大国際ブランド
VISA マスターカード JCB
×
アメックス ダイナース 銀聯
× × ×

SCカードのマスターカードがほしいっ!そのうち追加されない(・◇・)?

もちろんSCカードのマスターカードが将来…登場する可能性はゼロではないです。

ただ、いつ追加されるかもわからない、追加されないかもしれないSCカードのマスターカードを申し込みせずに待っているよりVISAで、ひとまずSCカードを作っちゃったほうが良いと思います。

スポンサードリンク

実はSCカードを発行している山陰信販株式会社は、昔は提携クレジットカードでマスターカードを発行していた時期があったんです。

しかし今は…私の知る限りマスターカードのクレジットカードを取り扱っていません。ですから、よほど大きな変化がない限りはSCカードのマスターカードは発行されないと思います。

確かにマスターカードは魅力的です。もし今後、SCカードのマスターカードが登場したとしたら…どんなメリットとデメリットがあるでしょうか?

SCカードをマスターカードで作るメリット

SCカード(マスターカード)を申し込みする最大のメリットは、国内・国外問わず!SCカード(マスターカード)で支払いができるという点。

しかも!海外でのショッピング手数料がVISAよりもマスターカードのほうが安いことが多いんです!

マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo.2の国際ブランド。だから海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば、ほぼSCカード(マスターカード)で支払いできることが多いです。

マスターカードは世界シェアNo.2の国際ブランド

クレジットカードなんだから海外でも使えて当たり前なんじゃないの(・◇・)?

と思うかもしれませんが、違います。実は、選ぶ国際ブランドによって加盟店数…つまりその国際ブランドのクレジットカードを使えるお店の数に天と地の差があります。

例えば日本発の国際ブランドであるJCBは日本国内では、もちろんクレジットカードとして普通に不自由なく使えます。ただし海外、日本人のよく行く観光地以外では、JCBは…そもそもクレジットカード扱いしてもらえなかったりします。

原因はJCBが、国際ブランドの世界シェアで言えば5位…パーセントにすれば、たった1.2%のシェアにすぎないから。

その点、世界シェアNo.2のSCカード(マスターカード)を選択すれば、マスターカードが地球の隅々まで張り巡らせた加盟店ネットワークをフル活用できるから海外旅行にも安心して持っていけます。

SCカード(マスターカード)なら使えます

SCカードをマスターカードで作るデメリット

SCカード(マスターカード)の唯一のデメリットはオリンピック会場では使えないことです。
SCカード(マスターカード)はオリンピック会場で使えない
これはライバルで世界シェアNo.1のVISAがオリンピックのスポンサー契約をしているため。だからオリンピック会場では使えるのはVISAだけなんです。

まとめます。SCカードのマスターカードは今のところ存在しませんので、ひとまずVISAでSCカードを作っておけば大丈夫です。

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~SCカードの詳細&審査~
1.SCカードのETCカード→発行手数料も無料!
2.SCカードの限度額は?最高50万円超まで増枠可
3.SCカードのキャッシングとは?メリットまとめ
4.SCカードをJCBで作るメリットは?デメリットも有
5.SCカードをVISAで作るメリットは?デメリットも
6.SCカードはnanacoチャージOK→誕生月最大5%オフ
7.SCカードはKyashチャージOK→誕生月最大5%オフ
8.SCカードのキャンペーンは?総まとめ
9.SCカードの年会費→元を取る損益分岐点は?

▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


2019年10月更新
人気クレジットカードランキング♪
▼年会費無料 ▼ゴールドカード
1位 楽天カード 楽天ゴールドカード
2位 リクルートカード 楽天プレミアムカード
3位 VIASOカード MUFGカードゴールド
▼審査の人気記事 ▼プラチナカード
1位 VIASOカード MUFGカードプラチナ
2位 楽天カード 楽天ブラックカード
3位 ミライノ カード セゾンプラチナビジネス
▼nanacoチャージ
1位 リクルートカード
2位 ヤフーカード
3位 セブンカード・プラス

このページの先頭へ