楽天カードの無料保険→入院補償無料進呈(交通事故傷害保険)裏話


あなたがもし、最近楽天カードに入会したり、カードの更新で新しい楽天カードを受け取ったとしたら・・・忘れていませんか?入院補償の無料進呈(交通事故傷害保険)の封筒。

捨てようと思っている古いダイレクトメールの中に、この楽天カード株式会社から届いた封筒が混ざっていませんか?
楽天カードから郵便物

※なお楽天カードの海外旅行保険の補償内容については楽天カードの海外旅行保険の補償内容すべてがわかる!総まとめをご覧下さい。

楽天カード株式会社といえば、毎月の楽天カードの利用明細を郵送してもらおうとすると…82円の実費を負担しなくてはならなくなるほど、ペーパーレス化によるコスト削減にシビアな企業として知られています。まあIT企業ですからね(^。^;)

でも他のほぼすべてのクレジットカード会社は、毎月のクレジットカードの利用明細を無料で送ってくれる。その中で、わざわざ82円も切手代を払って利用明細を郵送してもらうのもばかばかしいです。

ですから楽天カードを持っているほとんどの人は、無料でインターネットから毎月の利用明細を確認できるWEB書面サービスを使っているかと思います。

つまり楽天カード株式会社から郵便物が来ること自体、かなり珍しいことなんですね。

スポンサードリンク

封筒を開けると、なんと入院補償無料進呈の文字が!
楽天カードの入院補償無料進呈

入院補償無料進呈
…さて、先日、弊社発行カードをご愛顧いただいている会員の皆さま感謝の気持ちをこめて、楽天カードフリーケアプログラム『無料プラン』のご案内を差しあげましたが、ご覧いただけましたでしょうか。

このご案内をお受け取りになられた会員ご本人様よりお申込みいただきますと、交通事故などで5日以上入院された場合、入院一時金として30,000円をお受け取りいただける『無料プラン』に3年間ご加入いただけます。保険料は弊社が負担いたしますので会員ご本人様の負担は一切ございません

それと、この文面を読んでわかる通り入院補償無料進呈のご案内が届くのは今回が2回目なのです。つまり1回目の入院補償無料進呈が届いても申し込みをしないでおく。すると締切が近づくと、わざわざ2回目の入院補償無料進呈(交通事故傷害保険)のご案内が届くのです。

他のクレジットカード会社ならそんなに驚くことではありません。しかし送り主は楽天カード株式会社!毎月のクレジットカードの利用明細さえ切手代の実費を請求するカード会社です。その楽天カード株式会社が2回も同じ内容の案内を…しかも入院補償無料進呈(交通事故傷害保険)という内容。

それで「何か裏があるんじゃないか?」と訝(いぶか)しがる楽天カード会員も結構いるんですね。私が日本最大の某…質問サイトでクレジットカードのカテゴリマスターをしていた際にもそうでした。「入院補償無料進呈(交通事故傷害保険)の裏の裏の事情を暴露しちゃってください!」とまで言われたことまであります………裏の裏ってタダの表になっちゃうじゃん!と思わず突っ込み入れたくなっちゃいましたが(^。^;)

結論を言ってしまうと、この入院補償無料進呈(交通事故傷害保険)には裏も何もありませんので申込してしまって大丈夫です。本当に無料ですから。下のこの2箇所を記入をボールペンで自署します。無料の交通事故傷害保険申込方法

あとは同封されていた返信用封筒に入れてポストに投函すればOK!

以上の簡単な手続きで入院補償具体的には交通事故傷害保険に3年間無料で加入することができます。

そして万が一、あなたが交通事故などで傷害を負って5日以上入院した場合、保険会社から30,000円がもらえます。※詳しくは同封の重要事項説明書を参照のこと

さて最後に裏…というわけではありませんが、この入院補償無料進呈(交通事故傷害保険)には有料の追加補償プラン(普通傷害保険)というものもあります。
有料の普通傷害保険加入方法
こっちは毎月500円の掛け金が必要となります。記入する際に間違って有料プランにチェックを入れてしまわないよう気を付けて下さいね。

それから他のクレジットカード会社で、これと似たような書式で無料プランのついてない有料の普通傷害保険の加入申込書を送ってくるところがあります。ですから記入する前に無料進呈の有無は必ず確認しましょう!

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
~楽天カードの詳細&審査~
1.楽天カードの審査落ちを防ぐ7つの裏技【完全版】
2.楽天カードの限度額は?最高300万円まで増枠可
3.楽天カードのETCカード年会費540円を無料にする
4.楽天カード(JCB)のメリットは?デメリットも
5.楽天カードの海外旅行保険の補償内容→総まとめ

▼得する!節約の最新情報を無料で配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



あなたのコメントを投稿する

CAPTCHA


このページの先頭へ